本文へリンク

日本サイト

ニュースリリース 2016

2016/09/05

研究開発と人財育成の融合施設「inovas(イノヴァス)」が第29回日経ニューオフィス賞において「ニューオフィス推進賞」および「近畿ニューオフィス推進賞」を受賞

研究開発と人財育成の融合施設「inovas(イノヴァス)」が第29回日経ニューオフィス賞において「ニューオフィス推進賞」および「近畿ニューオフィス推進賞」を受賞
日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)の研究開発と人財育成の融合施設「inovas」は、このたび第29回日経ニューオフィス賞(主催:日本経済新聞社、一般社団法人ニューオフィス推進協会)の「ニューオフィス推進賞」および「近畿ニューオフィス推進賞」を受賞しました。
日経ニューオフィス賞は、一般社団法人ニューオフィス推進協会と日本経済新聞社が経済産業省と日本商工会議所の後援を得てニューオフィスづくりの普及・促進を図ることを目的とし、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰するものです。今回は応募総数125社のうち、当社のinovasを含む16件が「ニューオフィス推進賞」に選出されました。inovasは施設全体をワークスペースと捉え、要所に多様なニッチスペースを配置するなどあらゆる場所でイノベーションを誘発する部分が評価されました。

Nittoはinovasで基幹技術をベースに、環境への貢献(Green)、新エネルギー(Clean)、ライフサイエンス(Fine)の分野の開発力強化に努め、多くの軸を作りながら新しい発想でお客様の価値創造に貢献してまいります。

日経ニューオフィス賞 表彰式
日経ニューオフィス賞 表彰式

2016年8月29日(月) 第29回 日経ニューオフィス賞 表彰式にて
日本経済新聞社常務取締役 桑田様より表彰を受ける当社取締役常務執行役員 武内

【inovasのねらいと概要】
Nittoの成長の原動力は、お客様との対話からお客様にとってのイノベーションを引き起こすことです。お客様から「こんなものが欲しかった」と言っていただけるための感性と技術を磨く場としてinovasを設立しました。
■所在地  :大阪府茨木市(Nitto茨木事業所内)
■延床面積 :約20,000m2(地上4階)
■施設構成 :コーポレートR&Dの主要オフィス、知財部、実験室、日東分析センター、イノベーションセンター、人財育成センター
■工事着工 :2014年9月
■開所   :2016年3月15日

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 広報部

ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る