本文へリンク

日本サイト

ニュースリリース 2020

2020/03/02

特発性肺線維症を対象とした治療薬「ND-L02-s0201」の開発

特発性肺線維症治療薬の国際共同第2相臨床試験を日本で開始

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)は、HSP47 siRNA製剤「ND-L02-s0201」の特発性肺線維症を対象疾患とした第2相臨床試験を日本で開始しました。本試験は欧米にて先行開始している国際共同治験です。

Nittoは2008年より肝硬変をはじめとする臓器線維症治療薬の研究開発を進め、肝硬変を対象とした治験を2013年6月より開始してまいりました。2016年11月には肝線維症・肝硬変を対象とした「ND-L02-s0201」の開発・製造および販売に関して、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(以下BMS社)と独占ライセンス契約を締結しました。今回Nittoが開始する特発性肺線維症を対象とした開発プログラムは、BMS社に独占ライセンス権を許諾するオプション契約の対象となります。

NittoはInnovation for Customersをブランドスローガンに掲げ、期待を超える価値を継続して創出することで人々の快適な暮らしとよりよい社会や環境に貢献してまいります。

特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis: IPF)について

肺胞に継続的にできる傷とその修復のためにコラーゲンなどが増加して肺胞の壁(間質)が厚くなる原因不明の難治性疾患。予後が悪く、日本では難病指定されています。

HSP47 siRNA製剤「ND-L02-s0201」(BMS社開発番号:BMS986263)について

線維症の原因となるコラーゲンの生成や分泌を調節するHSP47(Heat Shock Protein 47)を阻害するsiRNAを用いた核酸医薬。2015年10月には米国FDAよりNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)及びC型肝炎に伴う肝線維症と肝硬変を対象疾患として、ファスト・トラック(優先承認審査制度)の指定を受けています。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランドコミュニケーション部 広報グループ

ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る