本文へリンク

日本サイト

ニュースリリース 2016

2016/07/25

スイスNolax社からカーテンエアバッグ向け機能性フィルム事業をM&A

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)は、このたび、カーテンエアバッグ向け機能性フィルムの事業をスイス Nolax HoldingA.G.社(以下Nolax)から買収し、今後成長が見込まれるカーテンエアバッグ市場に参入していきます。これにより成長を続けているNittoのトランスポーテーション事業の領域を更に広げ、事業ポートフォリオの変革を進めていきます。
【背景】
Nittoはこのたび、カーテンエアバッグ向け機能性フィルムの事業をNolaxから買収いたしました。(契約締結6月28日、買収手続き完了7月13日)
自動車の安全性への要求は年々高まっており、受動安全(パッシブセーフティ)の性能向上のため、
乗員保護用SRS (Supplemental Restraint System) エアバッグシステムの装着率も上昇しています。また、北米市場では2017年からの法規制でカーテンエアバッグの装着義務付けが予定されており、世界中でさらに自動車向けカーテンエアバッグ市場が拡大することが期待されています。

当該技術は、カーテンエアバッグに要求される“気密性”を、高いレベルで実現する薄型粘着フィルムであり従来工法と比較し、より軽量化・小型化を実現することができます。2020年以降を目途に、Nittoが持つ技術との融合でさらなる技術イノベーションを図ることで、適用範囲を拡大し、自動車の安全ビジネスに関して事業の拡大を目指します。

本事業は、欧州Nitto統括会社(Nitto EMEA NV)の傘下に新たにNitto Switzerland AGを設立し、対応していきます。
【新会社概要】
社名: Nitto Switzerland AG
所在地: Industriestrasse 18, CH-3185 Schmitten
代表者: 谷川 聡

Nittoは今後も、”Innovation for Customers” を実践し、お客様の企業価値を最大化するよう努めてまいります。

*Nolaxは、おもにエネルギー、生活、移動の分野で粘着に関連する新規事業プロジェクトを手掛けるスイスのイノベーション企業です。

**車両横転時、乗員の車外放出のリスクを低減する為、膨張後一定期間膨張を保持する気密性が要求されます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランドコミュニケーション部 広報グループ

ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る