本文へリンク

企画展 第2回 数字で見るすごいテープ展

企画展 第2回 数字で見るすごいテープ展

  • すごく薄いテープ
  • すごく透明なテープ
  • すごく長いテープ
  • すごく薄いテープ
  • すごく透明なテープ

企画展 第2回 数字で見るすごいテープ展

  • すごく薄いテープ
  • すごく透明なテープ
  • すごく長いテープ
  • すごく細いテープ
  • すごく幅広いテープ

企画展 第15回 強力にくっつくテープ展企画展 第15回 強力にくっつくテープ展

企画展 第14回 夏休み自由研究 布粘着テープと新聞紙で夏の思い出をつくろう!企画展 第14回 夏休み自由研究 布粘着テープと新聞紙で夏の思い出をつくろう!

企画展 第13回 音とテープ展企画展 第13回 音とテープ展

企画展 第12回 熱で変化するテープ企画展 第12回 熱で変化するテープ

企画展 第11回 テープができるまで企画展 第11回 テープができるまで

企画展 第10回 電気を通さないテープ 通すテープ企画展 第10回 電気を通さないテープ 通すテープ

企画展 第9回 夏休み自由研究 布粘着テープと新聞紙で夏の思い出をつくろう!企画展 第9回 夏休み自由研究 布粘着テープと新聞紙で夏の思い出をつくろう!

企画展 第8回 粘着テープのミクロ展企画展 第8回 粘着テープのミクロ展

企画展 第7回 くらしの中のNitto製品展企画展 第7回 くらしの中のNitto製品展

企画展 第6回 屋外で活躍するテープ展企画展 第6回 屋外で活躍するテープ展

企画展 第5回 くっつくはがせる技ありテープ展企画展 第5回 くっつくはがせる技ありテープ展

企画展 第4回 夏休み自由研究 布粘着テープと新聞紙で夏の思い出をつくろう!企画展 第4回 夏休み自由研究 布粘着テープと新聞紙で夏の思い出をつくろう!

企画展 第3回 スゴすぎるコロコロ®の進化展企画展 第3回 スゴすぎるコロコロ®の進化展

企画展 第2回 数字で見るすごいテープ展企画展 第2回 数字で見るすごいテープ展

  • すごく薄いテープ
  • すごく透明なテープ
  • すごく長いテープ
  • すごく細いテープ
  • すごく幅広いテープ

企画展 第1回 体とテープ展企画展 第1回 体とテープ展

「0.005mm」のすごく薄いテープ「0.005mm」のすごく薄いテープ

厚さ 「0.005mm」厚さ 「0.005mm」

どうしてこんなに薄いの?どうしてこんなに薄いの?スマートフォンやタブレットPCなどを組み立てるとき、本体をより薄くするために固定用のテープも「すごく薄いテープ」が使われています。スマートフォンやタブレットPCなどを組み立てるとき、本体をより薄くするために固定用のテープも「すごく薄いテープ」が使われています。

液晶パネル内部の部品を固定するときにこの「すごく薄いテープ」を使うことで、スマートフォンやタブレットPC本体をより薄く、より軽くすることができます。スマートフォンが使われ始めた当初は0.03mmくらいの厚みのテープが主流でしたが、開発が進み0.01mmになり、今では0.005mmにまで薄くなりました。一般的な両面テープの厚みは0.15mm程度なので、約1/30の薄さです。現在も、より薄いテープの開発が行われています。また通常、テープを薄くするとその分固定や接着の機能が損なわれがちですが、このテープはすごく薄いにも関わらず接着性能にすぐれているのも特長です。
※この製品は一般販売されておりません。

部品を固定部品を固定

PET基材極薄5μm両面テープ No.5600
「すごく薄いテープ」はこちら「すごく薄いテープ」はこちら

PET基材極薄5μm両面テープ No.5600

0.005mmという薄さが電子機器の薄型化をサポートします。 限られたスペースでの各種薄層部品の接着に適しています。

くわしい製品情報くわしい製品情報

全光線透過率「92%」のすごく透明なテープ全光線透過率「92%」のすごく透明なテープ

テープの透過率 「92%」テープの透過率 「92%」

どうしてこんなに透明なの?どうしてこんなに透明なの?スマートフォンやタブレットPCなどのタッチパネルの貼り合わせに使うことで、より透明さが増して画面が見やすくなります。スマートフォンやタブレットPCなどのタッチパネルの貼り合わせに使うことで、より透明さが増して画面が見やすくなります。

通常のセロハンテープはゴム系の粘着剤を使っており、少し黄味がかって見えますが、「すごく透明なテープ」はアクリル系の粘着剤を使っているので透明度が高く、スマートフォンなどの液晶画面に使われています。液晶画面には「空隙」と言われる部材と部材の空気の隙間があり、それによって光が反射して画面が見えづらくなることがあります。「すごく透明なテープ」にはその空隙をぴったりと埋めて、くっきり見やすい画面にする効果もあります。テープを貼ったほうが、よりクリアに見えるというわけです。また、このテープには、長期間使用しても変色せず透明感を維持するという特長もあります。
※この製品は一般販売されておりません。

一般的なセロハンテープの構造透明な粘着シートの構造

一般的なセロハンテープの構造透明な粘着シートの構造

光学用透明粘着シート LUCIACS® CS9621T/CS9622T
「すごく透明なテープ」はこちら「すごく透明なテープ」はこちら

光学用透明粘着シート LUCIACS®
CS9621T/CS9622T

極薄の粘着剤で強い粘着力があり、クリーンで透明度の高い基材レス粘着シート。フラットパネルディスプレイなどの各種光学フィルムの貼り合わせに適しています。

くわしい製品情報くわしい製品情報

「8000m」のすごく長いテープ「8000m」のすごく長いテープ

テープの長さ 「8000m」テープの長さ 「8000m」

どうしてこんなに長いの?どうしてこんなに長いの?電子部品の製造に使われるテープ。自動機での生産性向上・効率化に応えるために「すごく長いテープ」が開発されました。電子部品の製造に使われるテープ。自動機での生産性向上・効率化に応えるために「すごく長いテープ」が開発されました。

クルクルとフィルム状になった電子部品の巻き終わりを固定しているのがこのテープ。なぜこんなに長いかというと、製造コスト削減につながるからです。アルミ電解コンデンサーなどの電子部品は自動化された機械で連続的に製造されています。その機械をできるだけ止めずに動かし続けることで、製造プロセスが効率化されコスト削減になります。
そんなニーズに応えるために、8000m巻きという長尺テープが開発されました。たとえば、1mmの電子部品を製造する際には、一巻きのテープで約800万個の部品を製造できるということになります。
※この製品は一般販売されておりません。

自動化された機械で連続的に製造自動化された機械で連続的に製造

PP基材粘着テープ No.370シリーズ
「すごく長いテープ」はこちら「すごく長いテープ」はこちら

PP基材粘着テープ No.370シリーズ

PP(ポリプロピレン)粘着テープNo.370シリーズは、耐溶剤性にすぐれたPPフィルムを基材にしたテープです。アルミ電解コンデンサの素子止め用途などに適しています。

くわしい製品情報くわしい製品情報

「2mm幅」のすごく細いテープ「2mm幅」のすごく細いテープ

テープの幅 「2mm」テープの幅 「2mm」

どうしてこんなに細いの?どうしてこんなに細いの?複写機のトナーカートリッジに部品固定として使われている「すごく細いテープ」。短冊状の細い部品同士を接着しています。複写機のトナーカートリッジに部品固定として使われている「すごく細いテープ」。短冊状の細い部品同士を接着しています。

オフィス用の複写機やプリンターに使われるトナーカートリッジは通常、メーカーが回収して分解し、中のトナーを詰め直して再利用されます。カートリッジを手作業で分解できるようにするにはネジ留めで固定できない部分も多く、代わりにこのテープを使って接着しています。具体的には、トナーが漏れないようにするシール材の部品や、トナーが一箇所に溜まらないよう撹拌する羽のような形状の部品など、細い部品同士を接着するために両面テープも2mmまで細くなりました。柔軟かつ強靭な不織布を使用し、トナーが漏れないようにしっかり固定しつつも、分解時には簡単にはがれるという相反する機能を両立した両面テープです。
※この製品は一般販売されておりません。

2mmのテープで固定2mmのテープで固定

再はく離可能で強接着な両面テープ No.5000NS
「すごく細いテープ」はこちら「すごく細いテープ」はこちら

再はく離可能で強接着な両面テープ
No.5000NS

基材に柔軟かつ強靭な不織布を使用しているため、部分解体時にちぎれずにはがすことができ、部品のリサイクル促進に貢献できます。

くわしい製品情報くわしい製品情報

「230cm」のすごく幅広いテープ「230cm」のすごく幅広いテープ

テープの幅 「230cm」テープの幅 「230cm」

どうしてこんなに幅広いの?どうしてこんなに幅広いの?自動車輸送時の表面保護用テープ。車1台をまるごとテープ1枚で包み込むために「すごく幅広いテープ」が開発されました。自動車輸送時の表面保護用テープ。車1台をまるごとテープ1枚で包み込むために「すごく幅広いテープ」が開発されました。

新車を輸送する際、以前は車体にワックスを塗って鳥のフンやホコリなどの汚れを防止していました。しかし、納品時にワックスを落とす作業に大変な手間がかかっていたため何か別の方法はないかと検討が重ねられ、車1台分を覆える幅広いテープが開発されました。自動車の立体的な形状にぴったりとフィットするよう、柔軟性があり適度に伸縮する素材が採用されています。車の表面の塗装は一見とても固い塗膜に見えますが、実は柔らかく、テープの素材によってははがしたときに表面が変形して波打ってしまったり、粘着剤が車体に残ってしまったりと非常にデリケート。そのため、保護するときはしっかりと接着し、はがすときはキレイにはがし取れて塗装表面にダメージを与えない、特別なテープ素材が使われています。
※この製品は一般販売されておりません。

港で輸送を待つ自動車には表面を保護する粘着フィルムが貼られています。港で輸送を待つ自動車には表面を保護する粘着フィルムが貼られています。

ページトップへ戻る