本文へリンク

日本サイト

人財の確保・育成

Nittoのタレントマネジメントは、グローバル人事体制のもと、採用・人財開発・キャリア形成といった一連の流れを通して、Nitto Personを育てています。
「個」に応じた能力開発を進めるため、個別面接や研修などを拡充しています。
成長意欲とチャレンジ精神を持ち続ける従業員の育成と、経営理念に基づく風土醸成や仕組みの整備によって、人と組織の持続的成長が実現できると考えています。

雇用

変化の激しい現代の経営環境にあって、Nittoグループではグローバルビジネスを拡大しており、2018年度、海外売上比率は実に70%を超えるまでになっています。今後も、世界各国・地域からの視点で様々な多極化する市場に対応できるグローバル人財の確保・育成を強化していきます。

育成

それぞれのステージにおいて必要な知識、スキルを定義してカリキュラムを組み、個人が自主的に選択できる教育を展開。営業や生産技術、製造など職務に応じた教育機会も用意し、機能毎の総合力向上を図っています。これらの研修と併せて、職場そのものが人を開発していく環境・文化を醸成する取組みも加速させていきます。

また、将来のグローバル経営幹部育成を目的に、2011年にNitto Global Business Academyを開講し、新規事業創出や経営課題解決の側面からNittoグループを牽引してきました。
Nittoのアイデンティティを形作る人財輩出の場として、より実践に資するプログラムを目指します。

人財育成とR&Dとが融合した施設・inovas

人財育成とR&Dとが融合した施設・inovas

適材配置

Nittoグループは、事業の成長と、従業員の育成・キャリア形成を目的に最適な配置をグループ全体でグローバルに実施しています。
また、グローバルビジネスを展開する上で、現地マネジメントの強化は重要な課題であり、海外現地法人の経営は、それぞれの国や地域の人財に任せることが最適と考え、海外における重要ポジションの現地化を推進しています。

人事評価制度・報酬

国・エリアの枠を超えた人財配置スムーズに行うため、グローバル共通の職務グレード制度および評価制度を導入し、公平公正な処遇を実現します。
また、地域で定められた最低賃金を遵守しています。

働きやすい環境

会社と従業員が共に成長するために、従業員が常にチャレンジできる環境づくりの構築を目指しています。
「ワークライフバランスを支援する福祉制度」を目指し、労使一体となって、人事諸制度と福利制度の在り方を検討しています。

Nitto ワークライフバランス図

健康経営

Nittoグループは、従業員の心身の健康がお客様への高品質な製品や、サービスの提供につながると認識し、健康経営に取り組んでいます。
「従業員の健康度を高め、いきいきとした組織づくりを実現する」を健康経営指針として掲げ、「『からだ』と『こころ』の両面から職場環境と個々の生活の向上につなげる」を目的に労働衛生活動新3ヵ年計画を策定し取り組んで参ります。

これまでの地道な健康経営への取り組みが評価され、日東電工株式会社と日東ビジネスエキスパート株式会社が「健康経営優良法人2020」に認定されました。

Nitto 健康経営優良法人2020選定

「労働衛生活動新3ヵ年計画」に基づき、全グループ従業員のこころとからだの健康を保持増進する取り組みを強化し、全グループで健康経営優良法人に認定されるよう取り組んで参ります。

労働時間管理

長時間労働の抑制に向けて、労使で随時確認・フォローを実施しており、36協定も遵守しています。また、従業員一人ひとりが積極的に働き方改革を推進していけることを目指し、2018年度からは、労使で決めた総労働時間目標達成時に、インセンティブ支給する制度を導入しました。

育児・介護支援

ライフイベントもキャリアも、どちらも大切にしてもらうため、育児や介護をしながら働き続けるための仕組み整備などを行っています。
育児休暇の取得者数は、2002年から現在までで述べ約500名となっており、復職率は90%を超えています(単体)。
育児休業から復職し、活躍している従業員がロールモデルとなり、どのようなサポートが必要かを常に把握しながら改善を続けていることが結果となって表れています。

人生の各段階に応じて、キャリアを継続できるようサポートします。

企業情報に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る