本文へリンク

日本サイト

労働安全衛生教育

セーフティオフィサー(SO)資格制度の展開

Nittoグループではこれまで技術者を対象とした、機械安全に特化したセーフティアセッサー(SA)資格取得制度の導入を進めてきましたが、さらなる安全文化構築を目指し、経営層及び管理監督者層の安全人財育成の推進を目的とした、「セーフティオフィサー資格*」制度の導入を展開しています。「安全」に関する知識保有と理解を認証するマネジメント安全資格を取得する事で、安全知識のトップダウンとボトムアップの融合と、それによる安全活動の実効性の向上、さらには安全性だけでなく企業の成長や企業価値の向上にも繋げます。

*セーフティオフィサー資格:セーフティグローバル推進機構(IGSAP)が国際的にも通用する資格として普及推進中

VRを活用した新しい体感教育

VR(Virtual Reality)によって視覚等の感覚に働きかけることにより、仮想的に危険を体感することができます。
Nitto Gr.では、VRを活用した事故災害を被害者目線で疑似体験し、記憶にとどめる新たな教育を展開しています。

VRを用いた疑似体験教育

企業情報に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る