本文へリンク

日本サイト

労働安全衛生活動

労働安全衛生活動

Nittoグループは、「安全をすべてに優先する」という価値観を共有しつつ、日々の事業活動を行なっています。一人ひとりが健康で安心して働ける職場を全員参加で築くことが、あらゆる事故・災害をゼロにすると考えます。

以下、「機械の安全」「人の安全」「組織の安全」の3つの観点から安全対策の徹底を図っています。

機械の安全 リスクの抽出・評価を行い、現場に潜む災害の発生要因を根絶すべく、設備改善を進める
人の安全 ルールを守る、ルールがなくても自ら安全に行動する人財を育成する
組織の安全 管理監督者は現場に出向いて「安全に作業できる、安全操作ができる」ことを自ら確認し、「職場を、チームを、部下を守る」ことを常に意識して行動する

事故発生時の対応

Nittoグループには、大災害や重大事故などが起きた場合、即座に経営トップに通報するシステムがあります。また、災害データを適正に管理し、分析することで再発防止活動を促進しています。さらには、その情報を従業員に公開し安全への意識向上に努めています。

災害への備え

「減災(災害を予防する・被害を少なくする取組み)」と「早期復旧」を両輪として、事業継続マネジメント(BCM)を構築しています。
(BCM)の中で設定されている「非常時の行動計画」では、組織として定期的な防災訓練等を試行し、その結果を反映させて改善を行っています。さらには、救護などの適切な訓練を受け、かつ必要とされる救護用品を備えることで、従業員の安全確保を最優先に取り組んでいます。

企業情報に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る