本文へリンク

粘着テープの総合情報サイト Tape Museum

シェア

テープとくらし館

寒い冬は、部屋を少しでも暖かく!テープで防寒対策寒い冬は、部屋を少しでも暖かく!テープで防寒対策

寒さもだんだんと本格化し、今年もついに冬がやってきました。冬といえば何よりもまず……寒い!! クリスマスやスキー、スノーボードより、多くの人が持つ冬のイメージだと思います。今回は、そんな冬の寒さから身を守るための「室内テープ活用術」をご紹介。テープがあれば、心も体も暖かい冬が過ごせること間違いなしなのです!

部屋が寒くなるのは“外気”のせい?

冬に室内が寒くなるのは、窓から冷たい外の空気が入り込むからと思っていませんか? 実は、主な原因は輻射熱(ふくしゃねつ)にあるのです。冬は暖房で暖かくなった室内の天井や壁のほうが、外にある瓦や外壁よりも温度が高くなります。これにより、室内から屋外へ向けて輻射熱が放射されることで温度が下がり、部屋が寒く感じてしまうという現象が起きているのです。
また当然、築年数がある程度経っている家などでは、窓や扉のすき間から外の空気が入ってしまい寒くなってしまうこともあると思われます。ちなみに、あの吉田兼好の徒然草では「家の作りようは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる」と、語られています。つまり、風通しの良さなど、夏を快適に過ごすことを基準にして家を建てるのが日本の伝統で、冬の寒さは耐え忍ぶべき、という考えが昔からあるようです。でもいくら伝統だとしても、寒いのをただ我慢するのは遠慮したいですよね。それでも、最近の日本の家は機密性が高いので、すき間風などがそこまで気になるという方は多くないのかもしれません。

寒さ対策は窓から!「コールドドラフト」を防ごう

コールドドラフト現象を知っていますか? 冷たい窓辺から室内に発生する下降冷気のことで、足元がただ寒くなるだけでなく、脳溢血(のういっけつ)や、冷え性の悪化などの悪影響も指摘されています。そこでやはり、室内の寒さ対策は窓から行う必要がありそうです。
テープでできる窓の防寒対策として、まずは「窓用断熱シート」が挙げられます。暖房の効率を高めるものはもちろん、結露を防ぐもの、紫外線をカットするもの、中には太陽光を吸収して自ら発熱するものなど、さまざまな種類のシートが流通しています。
また、小さなすき間から侵入する冷たい空気をシャットアウトする「すきまテープ」も見逃せません。和室があれば障子やふすまに。ほかにも、玄関ドアや網戸、サッシ用などこちらも種類豊富です。一度、家じゅうの寒さの原因を探すと、対策が立てやすいかもしれませんね。

水道管の凍結予防にもテープを

もし、屋外に露出している水道管がある場合は、凍結してしまわないように対策を施す必要があります。水が使えないという不自由さは、多くの日本人にとって馴染みが薄いかもしれないですが、想像を絶するものがあります。屋外の水道管にはすでにテープが巻いてあることも多いと思いますが、気づくと紫外線などでボロボロということも。冬が訪れる前に、一度確認してみましょう。
巻きつけるテープは「配管保護テープNo.303(フラットタイプ)」がオススメです。屈折部にも簡単に貼ることができるので、作業に慣れていない方でもラクラク巻きつけられます。

寒さ対策のついでに、模様替えも

冬は、寒いのはもちろん日が短いこともあり、室内が暗くなりがちです。そんなときは、寒さ&暗さをテープを使って同時に解決してしまいましょう!
用意するのは、窓の大きさほどのプラスチックダンボールと「デコルファ」などの飾り付け用テープやシート。前述したように、寒さ対策は窓からが基本。窓にプラスチックダンボールを立てかけるだけでも、一定の防寒効果が得られます。できるだけ窓にぴったりとつけられれば、簡易二重窓のような構造になり、結露の防止なども期待できます。プラスチックダンボールはカッターなどで簡単に切れますし、何と言っても経済的ですので、試す価値は大です。これを設置したら、あとはそこにテープで自由に飾り付けするだけ。いろいろな柄のテープを駆使して、窓を冬限定のオリジナルアートに仕上げてみては?

まとめ

冬になると、世の中は防寒グッズや体が温まる食事、運動などの情報であふれかえります。ただ今年は、一度基本に立ち返り「自分が過ごす部屋の防寒」を考えてみることもいいかもしれません。この冬はテープを活用して、より暖かい部屋で過ごしてみませんか?

ページトップへ戻る