本文へリンク

日本サイト

耐熱性、耐候性にすぐれる絶縁紙 多層ラミネート材 NPN

絶縁紙は、耐熱性の高い多層ラミネート品で、絶縁性・耐熱性・機械強度に すぐれ、モータ用絶縁材料をメインとして多くの実績があります。

本製品のお問い合わせ

日東シンコー株式会社

受付時間:9:00~17:30

土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く

特長

  • 耐熱性の高いシートと強度のあるフィルムの複合ラミネートで、すぐれた絶縁性・耐熱性・機械強度を有します。

構造

特性

項目 単位 絶縁紙 NPN
NPN-222(SA) NPN-252(SA) NPN-272(SA) NPN-333(LA)
構成

アラミド紙

- 50 80

PEN

- 50 125 188 75

アラミド紙

- 50 80
接着剤 - アクリル系
公称厚さ μm 210 290 350 260
引張強度 常温 タテ MPa 90 105 110 110
ヨコ 65 100 105 85
引張弾性率 常温 タテ MPa 2190 4060 3890 3660
ヨコ 2090 3860 3590 3030
端裂抵抗 常温 タテ N/20mm 560 1150 1320 840
ヨコ 530 960 1320 830

絶縁破壊電圧
常温 kV 14 20 22 17
C-24/40/90 14 20 22 17
D-24/25 14 20 22 17
1分間耐電圧(絶縁油中) kV 8 10 11 9
部分放電開始電圧(最小値) 常温 Vpeak 1400 1800 1850 1550
C-24/40/90 1300 1700 1750 1400
D-24/25 1100 1550 1750 1150
耐トラッキング性(相当品) V 575(PLCランク1) 375(PLCランク2)

[補足] 

※記載の数値は、測定値であり、保証値ではありません

用途

  • モーター・発電機のスロット絶縁

日東シンコー株式会社へのお問い合わせ

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る