本文へリンク

再剥離粘着剤組成物、粘着シート及びテープ

登録・特許番号

Patent No.5700466

課題

本発明はチップの切断工程において、切断後においても十分にチップを固定でき、切断時のチップ飛び等を防止して、チップの切断時の歩留まりを向上させることを課題とする。

筆頭請求項

アクリル系共重合体(A)および架橋剤(B)を含有してなる再剥離粘着剤組成物であって、前記アクリル系共重合体(A)を構成するモノマー成分が、少なくともアルキル基の炭素数が4以下であるアクリル酸アルキルエステル(a)、ホモポリマーのガラス転移温度(Tg)が80℃以上であるコモノマー(b)、架橋剤と反応しうる官能基を有するモノマー(c)からなり、前記アルキル基の炭素数が4以下であるアクリル酸エステルモノマー(a)がモノマー成分全量に対して50重量%以上であり、発泡剤及び粘着付与剤を含有し、前記粘着付与剤がテルペンフェノール樹脂であり、前記粘着付与剤の酸価が10KOHmg/g以下であり、トルエンへの溶解分中、重量平均分子量1万以下の溶解分が20質量%以下であり、加熱発泡させて再剥離させる再剥離粘着剤組成物であることを特徴とする再剥離粘着剤組成物。

発明の効果

本発明によれば、被加工物を仮固定した状態にて切断等の加工を行い、それによって確実に切断されたチップを固定することができるので、チップの飛びやずれ等の発生を防止することができるという効果を奏する。