本文へリンク

積層セラミックシート切断用熱剥離型粘着シート及び積層セラミックシートの切断加工方法

登録・特許番号

Patent No.5479151

課題

常温ではもちろん、高温雰囲気下での切断加工時においても十分な粘着性を発揮することができ、しかも剥離させる際には、加熱によって容易に剥離させることができる積層セラミックシート切断用熱剥離型粘着シート、及び該熱剥離型粘着シートを用いた積層セラミックシートの切断加工方法を提供することにある。

筆頭請求項

基材の少なくとも一方の面に粘着付与樹脂を含有する熱膨張性粘着層が形成された構成を有し、積層セラミックシート切断時に仮固定用として用いられる熱剥離型粘着シートであって、前記熱膨張性粘着層のゲル分率が70重量%以上であるとともに、熱膨張性粘着層を形成する粘着剤のベースポリマーの酸価が300mg-KOH/g以下であり、且つ熱膨張性粘着層中の粘着付与樹脂の酸価が65mg-KOH/g以下であることを特徴とする積層セラミックシート切断用熱剥離型粘着シート。

発明の効果

本発明の積層セラミックシート切断用熱剥離型粘着シートによれば、常温ではもちろん、高温雰囲気下での切断加工時においても十分な粘着性を発揮することができ、しかも剥離させる際には、加熱によって容易に剥離させることができる。そのため、本発明の積層 セラミックシート切断用熱剥離型粘着シートを用いると、積層セラミックシートの切断加工時には、チップ剥がれを抑制又は防止して歩留まりの低下を抑制又は防止することができるとともに、切断加工後には、被着体表面の汚染を抑制又は防止して加熱により容易に 剥離させることができるので、チップ状の切断済みセラミックコンデンサを優れた生産性で製造することが可能となる。