本文へリンク

加熱剥離型粘着シート

登録・特許番号

Patent No.4651805

課題

本発明の目的は、被着体との貼り合わせ面積が相対的に大きくても、加熱前の優れた接着性を保持しつつ、加熱後の優れた剥離性を発現することができる加熱剥離型粘着シートを提供することにある。
本発明の他の目的は、被着体が金属などの相対的に表面エネルギーが高いものであっても、加熱前の接着性及び加熱後の剥離性が良好である加熱剥離型粘着シートを提供することにある。

筆頭請求項

基材の少なくとも片側に熱膨張性微小球を含有する熱膨張性粘着層が設けられた加熱剥離型粘着シートであって、加熱前の熱膨張性粘着層表面の中心線平均粗さが0.4μmより大きく且つ1μm以下であり、かつその糊面が熱膨張性微小球に起因する凸部を有している加熱剥離型粘着シート。

発明の効果

本発明の加熱剥離型粘着シートによれば、貼り合わせ面積が相対的に大きい被着体や、粘着剤に濡れやすい被着体に対してであっても、加熱前の優れた接着性を保持しつつ、加熱後の優れた剥離性を発現することができる。そのため、電子部品加工時の仮固定用テープとして有用である。