本文へリンク

日本サイト

貼り直しができて、はがせる両面テープ 位置調整テープ PT-0190FX

粘着剤表面に特殊樹脂によるストライプ状の凸部を設け、貼り合わせ時に位置調整ができ、その後の圧着でしっかり固定できる両面テープです。

粘着剤の表面に特殊樹脂で形成した凸構造を持つので、『位置調整(スライド)機能』と『接着特性』を両立出来ます。基材には強度の高い和紙を使用し、凝集力の高い粘着剤を用いています。そのため使用後のテープをはがす際にちぎれにくく、粘着剤が残りにくい両面接着テープです。
本製品のお問合せ・
サンプルのご依頼

TCAT(ティーキャット)

接合材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30

土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く

特長



  • 粘着面の凸部により、被着体にテープを貼る時に位置調整や貼り直しができます。
    double_226_img_features_txt

  • のり残りし難く、再はく離性にすぐれています。
  • 和紙基材を使用することによりテープ強度が高く、はがすときにちぎれにくいです。
  • RoHS 指令6物質を使用しておりません。

構造

凸部の形状を保護するためにはく離ライナーにクッション 性のあるフォーム基材を用いることで凸部の形状は保護され、安定した位置調整機能を保つことができます。

用途

  • 壁紙、クッションフロアなどの接着用。 
  • 再はく離を要する用途に適しています。
    double_226_img_application

特性

被着体別粘着力

double_226_img_graph1_txt
 

圧着力依存性

double_226_img_graph2_txt

注意事項

【使用上の注意】

  • 被着体の表面の油分・水分・ゴミなどは、きれいに除いてください。
  • 被着体によって位置調整機能がうまく発現できない場合があります。
  • 感圧型粘着剤ですので、圧着はローラー・またはプレスにて十分行ってください。十分な接着性を発揮するためには一般的な両面テープよりもしっかり圧着していただく必要があります。圧着が不十分な場合、特性及び外観に影響を与えます。
  • 凹凸面や歪みの大きいものにはきれいに接着しない場合があります。できるだけならしてください。
  • テープ本来の粘着力を発揮するまでには、少し時間がかかりますので、少なくとも貼り付け後 数時間はテープに大きな力がかかる置き方や使い方は避けてください。

【保管上の注意】

  • 必ず箱に入れて保管してください。
  • 保管場所は高温多湿を避け、直射日光の当たらない冷暗所を選んでください。
  • テープは納入後、6か月以内にご使用ください。

【安全上の注意】

  • 使用に際しては、本製品が用途(目的・条件)に適応するか、十分検討の上、ご使用ください。
  • 被着体や貼り付け条件によっては、はがれたりする可能性があります。
  • 事故につながる可能性がある場所などに使用する際は、他の接合方法と併用してください。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TCAT(ティーキャット)接合材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

Adobe Reader のダウンロード

PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

ページトップへ戻る