ENVIRONMENT

教育研修制度

人財育成はNittoの最も重要なミッションの一つ。
新入社員からグローバルに活躍するリーダーになるまで、皆さんの成長を後押しするさまざまなプログラムを実施しています。
入社後は、1人の新入社員に対して1人の先輩が育成担当につく「職場先輩制度」など、研修だけでなく
仕組みも整備してNitto社員としての土台作りをサポートしています。
その後も、一人ひとりの強みや業務ニーズに合わせて選択できるアラカルト式の研修を用意しています。
また、グローバルリーダー育成プログラム(NGBA)では、実際の経営課題の解決に取り組むプロジェクト活動を行い、
その活動から新たな事業も生まれるなど、研修の枠を超えた取り組みとなっています。
Nittoの人財育成プログラムは、いずれも「研修のための研修」でなく、事業戦略と個人の成長ステージに合わせて
新たな行動のあり方を作っていくことを目指し、個人の成長と企業の成長を一体化させる場を提供しています。

1

入社後3年間の育成プログラム

2

新人・一般職・管理職の研修制度

3

緑帽(若葉ワッペン)システム

製品をつくる事業所において、1年目の社員は「緑の帽子もしくは若葉ワッペン」を着用します。その特権は、「緑の帽子もしくは若葉ワッペンを着用している社員からの質問は、所属部署に関わらず必ず答えなければならない」という決まりがあること。Nitto全体で育てていこうという姿勢の表れのひとつです。

職場先輩制度

新入社員1人に対し職場先輩が1人つくことで、新入社員の独り立ちを支援する制度です。職場先輩は、仕事を教えてくれるだけでなく、悩んだ時に一緒に考えてくれる身近な存在。Nittoで長く引き継がれている制度です。

新入社員導入研修制度

各職場でのスタートを切りやすくするために、Nittoの成り立ちやベースにあるNittoマインドを理解し、Nittoで働く上での基礎知識やビジネスマナーを体得していただきます。

4

管理職研修

一般職と管理職の立場や責務の違いを認識し、チームで成果を出していくために必要な知識・スキルの強化を促進するため、管理職に昇格した直後に管理職昇格研修、すでに昇格した者に管理職昇格フォローアップ研修を実施しています。更にその上の上級管理職に昇格すると、視座視野の引き上げやリーダーシップの強化をする研修も行っています。

NGBA-A、NGBA-E

次世代リーダー養成などを目的として、グローバルから選抜される者を対象に実施する研修。(研修内容は経営管理基礎知識のインプットやリーダーシップ、経営課題への提案等である。)

係長昇格研修

担当クラスと係級の立場や責務の違いを認識し、組織として成果を出していくための基礎を学びます。

係長リーダーシップ力向上プログラム

個人ではなくチーム全体の課題にリーダーとして取り組んでいただくことで、将来必要となるリーダーシップ力の基礎を身に付けます。1年間の長期プログラムになります。

海外赴任者教育

異なる文化・コンテクストの中での円滑なコミュニケーションをとるために必要となる素養、考え方、また現地でローカル社員をとりまとめていく際のポイント等、赴任先でのスムーズな業務遂行のために必要なスキル取得の機会提供を行っています。