インターンシップ情報 > Creating Wonders for Nitto 1day Workshop

インターンシップ情報インターンシップ情報

Creating Wonders for Nitto 1day Workshop

8月~2月開催

入社から5年間を疑似体験
未来を選ぶ軸を見つけよう

自分の将来を選択するとき、
企業や業界について研究することも必要ですが、
まずは自分自身の軸を定めることが大切です。
このワークショップでは、
入社から5年間をゲーム感覚で体感。
「働く上で何を重視すれば、どのように成長できるのか」を確かめることで、
自身の軸を確かにします。

オリエンテーション

新型コロナウイルス感染症対策のため、オンラインで実施。キャリアイメージの描き方について講義を受け、いよいよ入社5年間の疑似体験がスタートします。

グループワーク

「働くうえで何を重視するか」「特徴の異なるA社、B社どちらに入社するか」など、さまざまな選択肢について、グループでディスカッションをし、回答します。

集計・アドバイス

選択のたびに全グループの回答が集計され、結果が画面に表示されます。選ぶ選択肢によって、異なる結果。どういう成長を望むなら、どういう決断をすると良かったかなど、講師からアドバイスを受けながらプログラムは進行します。

結果発表

いくつかの選択を繰り返し、5年後にどのような成長を果たしたか、独自の指標によって算出。自分の決断と結果の整合性を確かめることで、未来を選ぶ軸を定めます。

  • Nittoホームページ、マイナビよりプレエントリー Nittoホームページ、マイナビよりプレエントリー
  • マイページより予約 マイページより予約
実施日程
8月~2月開催
参加人数
各日程180名
応募資格
全学部全学科対象
エントリー締切
各日程、定員になり次第終了

VOICE 01

このワークショップでは、入社後を想定した複数のシチュエーションで、その時々に自分が取る行動を選択し、その行動パターンから自己分析する、という形式が独特で面白かったです。私たちが就活の軸を見つけることがメインで、企業説明が後回しになっていたのも印象的でした。他では体験できない内容だと思います!

VOICE 02

さまざまな場面において「Nittoではどう行動する人財がマッチしているか」という指針が示されていたので、Nittoの社風や経営方針についての理解が深まりました。とくに、斬新な発想を出すことも推奨されるような雰囲気や、社員の志を貫くことが尊重される風土は魅力的だと思います。

VOICE 03

会社によって、取る行動の良し悪しがまるっきり異なることが分かり、印象に残っています。自分の取りたい行動と会社で取るべき行動が食い違った時に窮屈さを感じ、そういう面でも自分に合った働き方ができる会社を選ぶ大切さを体験できました。

VOICE 04

管理部門もバックオフィスという位置づけではなく、Nittoをリードする一員であるというフレーズが心に残っています。管理職メンバーを支えるだけではなく、自身もやりたいことができる環境なんだと感じました。チームとして連携して仕事を進めるNittoならではだと思い、働くイメージも鮮明になりました。

VOICE 05

自分が重視していたはずの就活の軸が、シミュレーションで取った行動と違うことがありました。自分でも気が付いていなかった価値観や特性に気づけたことが非常に大きな収穫です。またチームで議論することで、他の学生が考えている軸やその思いなどを知ることもでき、有意義でした。

VOICE 06

大学院生・学部生・文系・理系などの経験の違いからくるさまざまな考えに非常に刺激を受けました。ある物事を私は「プラス」だと感じたことでも他の学生は「マイナス」だと感じていたり、自分にはない考え方や発想を他の学生が持っていることがとくに面白かったです。意見を言うこと・聞くことのどちらも行われていて、まるで実際の会議のようでした。