失敗も未来の糧になる。そう胸を張って言える日がくるよう、チャレンジを続けていく。

失敗も未来の糧になる。
そう胸を張って言える日がくるよう、
チャレンジを続けていく。

基盤機能材料事業部門
開発戦略部 多軸開発グループ
製品開発 2020年入社
原 悠祐Yusuke Hara
一関工業高等専門学校 物質化学工学科 卒業

CAREER

  • 1年目〜現在

    入社以来、基盤機能材料事業部門で粘着剤の開発に従事。Nittoの既存技術を活用し、次のイノベーションにつながる新たな技術や製品の開発を目指している。

Nittoに入社を決めた理由

裏方として仲間を支えてきた生き方と、
Nittoの製品の価値が重なった。

私はこれまでの人生で、裏方となり仲間を支える役割をよく任されてきました。たとえば、部活での副キャプテンなどですね。そのため、家電や自動車などを見えないところで支えている、Nittoの製品や技術に大きな共感を覚え、興味を持ったんです。目立たないけど、世の中に絶対に不可欠な製品。縁の下の力持ちのような製品。「それって、かっこいいな」と感じ、自分も開発に携わりたいと思って入社を志望しました。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

Nittoで感じるやりがい

予想外の結果に出会うほどワクワクするから、
研究開発はやめられない。

私の部署ではNittoに長年蓄積された技術を応用し、さまざまな分野で製品開発をしています。そのなかで私が取り組んでいるのは、あるスポーツ用品のパーツを貼り合わせる接着シートの開発です。従来は接着剤を用いてつくられていたのですが、液状なのでパーツの接合時にどうしても接着剤がはみ出ていました。そうなると拭き取るために人手とコストがかかるんですね。一方、接着シートだと接着剤がはみ出すことはないので、製造工程の最適化を叶えることができるのです。ただ、シートにするといっても一筋縄でいくものではなく。性能試験を繰り返し、接着性だけでなく衝撃耐久性など、さまざまな基準をクリアしなければいけません。時には求める数値と大きく異なる試験結果が出ることもあります。その場合、普通ならガッカリしますよね。でも私は「うぉ!なんでこんな結果が出たんだろう!?」とワクワクするんです。もちろん想定通りの結果を出すのは大切ですし、自分の考えが正しかった証明にもなります。ただ、予想外の結果が思わぬ発見につながることもあるんですよ。もしかしたら、革新的な技術や製品に化けるかもしれない。そのワクワクに日々出会えるのは、研究開発の醍醐味ですね。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

チャレンジエピソード

新しい可能性を感じた、
バイオマス由来の粘着テープ開発。

Nittoは新しい価値を生み出すためなら積極的なチャレンジを後押ししてくれます。たとえば私は、バイオマス※由来の粘着テープの開発にチャレンジしたことがあります。SDGs(持続可能な開発目標)への対応のひとつとして、環境性能の高い製品開発を求められたのです。開発の糸口を掴むため、テープの素材になるバイオマスの特性を調べていくと吸油性があることがわかり、「汚れた面にも貼れるバイオマス由来のテープができるのではないか」と思いました。汚れた面に強いテープはすでにNittoの製品にあるのですが、この開発が成功すれば環境性能で上回ることができます。加えて粘着力でも既存製品を超えるテープを開発したい、そう意気込んでいたのですが…。結果は残念なものに終わってしまいました。試行錯誤したのですが、どうしても求める特性が出なかったのです。正直、悔しさはありましたね。ただ、開発過程の試験や検証は、次に必ずつながるはず。チャレンジした甲斐はあったと思います。重要なのは、培った経験や知識をいかに新しいテーマにつなげていくか。いつか、「あのとき失敗をしたからこそ、この革新的な製品を生み出せた」といえる日がくるよう、チャレンジを続けていきたいですね。
※バイオマス:動植物から生まれた、再利用可能な有機性の資源(石油などの化石燃料を除く)

入社後にどれだけ学ぼうとするか。

入社後にどれだけ学ぼうとするか。
その姿勢次第で、
スキルレベルは変わってくる。

就職活動をするなかで「専攻している分野とは異なる業務を担当するかもしれない」ということは、ひとつの不安要素だと思います。実際に私も「専攻外の知識を求められたらどうしよう」と思っていました。でも、そこは「仕事を通して学べばいい」と思ったんですね。入社してからは積極的に勉強し、知識の引き出しを増やしていきました。加えて先輩がていねいに指導してくれたので、着実にスキルアップできたと実感しています。学びつづける姿勢があれば結果は後からついてくるので、そこは安心してください。

MESSAGE

SCHEDULE

SCHEDULESCHEDULE