次に挑む探究心と行動力で、目標に向かって常に成長し続けたい。

次に挑む探究心と行動力で、
目標に向かって常に成長し続けたい。

ICT事業部門 回路材事業部 製造統括部 技術部技術4課
製造技術 2019年入社
今西 将寛Masahiro Imanishi
鈴鹿工業高等専門学校 総合イノベーション工学専攻

CAREER

  • 1年目〜現在

    ICT事業部門の製造技術職として高精度基板に関する装置立ち上げ、突発不具合の対応、歩留まり向上などを担当。

Nittoに入社を決めた理由

企業研究で心惹かれ、
インターンで直接感じた、仕事への想い。

就職先を考えた時、「モノづくりにしっかり取り組みたいから、メーカーかな」と漠然と思っていました。いろいろと迷うなかで、自分なりにポイントを絞り、「業種」「規模」「勤務地」「将来性」などを比較検討した結果、魅力度ナンバーワンがNittoでした。専攻科卒の自分にとっては、正直なところ本科卒よりも初任給が高いという待遇面に魅力を感じた部分もあります(笑)。就職活動で初めてNittoを知ったのですが、調べれば調べるほど、多くの製品で世界シェアトップを誇る企業だということがわかり、期待と同時に「入社したい」という想いも強くなりました。インターンシップにも参加しましたが、社員のみなさんが仕事を楽しそうに語る姿がとにかく印象的で、それぞれの仕事に対する誇りと情熱を感じたのも、Nittoを選んだ大きな理由です。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

Nittoで感じるやりがい

年齢や職種をこえた、仕事の醍醐味。

Nittoにはやりがいを生む秘密があると思います。私の所属する製造統括部は、製品を製造する装置そのものを手がけたり、その品質を改善したりするのが主な業務です。自ら手がけた製品が世に出た時は毎回感動しますが、「頑張ってよかった」と思う達成感は、むしろ困難を乗り越えた時こそ大きいかもしれません。以前、装置に不具合が起こってしまい、復旧作業を行ったことがありました。対応の遅れは量産に直接影響しますから、かなりの緊張感がありましたが、いかに早く、確実に復旧させるか、私自身も意見を出し、チームで乗り越えました。この時の仕事ぶりは先輩や上司にも褒めてもらえ、シンプルに嬉しかったです。製造技術は慎重さが求められる、大きな責任をともなう職種ですが、こうしたトラブルを仲間と一緒に乗り越えた時の喜びは格別です。また、年齢に関係なく、若手の意見でもどんどん取り入れてくれる社風も、次の仕事へのモチベーションにつながりますね。作り出す「モノ」、そしてそれを支える「人」の両面が、Nittoならではのやりがいを生んでいると思います。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

チャレンジエピソード

心に抱いた不安も、先輩への憧れも、
日々のチャレンジに変えて。

仕事で誰かに何かを依頼する際に大切なのは、目的や内容を正確に伝えることです。製造技術の仕事は、他部署へ業務の依頼をすることも多いのですが、そもそも、自分がきちんと理解していなければ、相手にうまく伝えることができません。ある案件で「頼んだ内容、ちゃんと伝わったかな」と心配していたところ、不安は的中。依頼した内容と違うものが返ってきてしまいました。この経験を踏まえ、まずは自分自身が内容について正しく把握し、理解を深めるよう日々努めています。そのうえで、こちらの希望をわかりやすく伝えるなど、工夫することを続けています。また、今後目指したいのは、困った時に「今西に相談してみよう!」と言われるような、頼られる存在になること。なぜなら、周りの先輩がたくさんの人から頼られ、かかってくる相談の電話にテキパキ対応する姿を見て、素直に「かっこいいな」と思えたから。周りから頼りにされるには、まだまだ学ぶべきことがありますが、人望が厚く信用される人財を目指して、これからも挑戦していきたいと思っています。

自分の思いと向き合って、有意義な“今”を過ごして欲しい。

自分の想いと向き合って、
有意義な“今”を過ごして欲しい。

就活で大事なことは、今を大切にすることと、想いを持って行動することです。とことん企業研究するもよし、インターンシップで生の声に触れるもよし、残りの学生生活を精いっぱい楽しむもよし。今しかできないことに全力で取り組めば、必ず得るものがあるはずです。人生の大半に関わることだからこそ、周りに流されず、自分の想いを持って取り組んでほしいと思います。もし面接などでミスすることがあっても、それで終わりではありません。あきらめない粘り強さを、きっと見てくれている人がいます。それぞれの強い想いでぶつかり、チャンスをつかんでください。そのチャレンジの先がNittoであれば嬉しいです。ぜひ一緒にどんどん挑戦していきましょう。

MESSAGE

SCHEDULE

SCHEDULESCHEDULE