1人で仕事はできない。チームワークを発揮することで、お客様との絆が強くなっていく。

1人で仕事はできない。
チームワークを発揮することで、
お客様との絆が強くなっていく。

基盤機能材料事業部門
エレクトロニクス材料事業部 品質保証部 品質保証1課
品質保証 2016年入社
堀井 捺美Natsumi Horii
米子工業高等専門学校 物質工学科 卒業

CAREER

  • 1年目〜現在

    物質工学科を卒業後、品質保証部に配属。お客様のクレーム対応や品質安定化を担う。

Nittoに入社を決めた理由

面接で感じた、親しみやすさ。
「ここなら自分らしく働ける」と
直感を信じて入社を決意。

学生時代に高分子合成の研究室に所属していたので、学びをいかせる化学メーカーへの就職を志望していました。Nittoのことは知っていたのですが、「メーカーって、なんだか雰囲気がカタそう」と思っていたんです。でも、Nittoはイメージと全く異なり、面接などでもとても話しやすかったので「働きやすそう」と直感的に思いました。実際に入社すると、仕事で疑問に思ったこと、アイデア、意見も気兼ねなく発言できる環境ですし、先輩はちょっとした相談にも親身になってくれます。直感を信じて入社を決めて大正解でしたね。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

Nittoで感じるやりがい

製品の不具合究明が、製造の改善にもつながっていく。
私の仕事は、達成感も貢献度も大きい。

品質保証部の主な業務は、お客様からのクレーム対応や品質の安定化です。その中で私が担当しているのは表面保護用テープの品質保証。具体的には品質に不具合が見つかった場合の原因調査や対応策の検討などです。原因調査と一言で言っても道のりは険しいことが多く、原因判明まで数ヶ月を要することもあります。もちろん1人で行うのではなく、製品に関わる多くの関係部署の方にアドバイスをいただきながら進めるので「製品をよくしていこう!」というチームワークは強く感じますね。その結果、原因が判明した時は「やっと見つかった、よかった〜」という安堵感と達成感があります。実はこの不具合品調査は製造での不良率改善や、製造時の作業効率の向上にも関わってくる重要な仕事。責任は大きくプレッシャーですが、貢献度も大きいのでやりがいがありますね。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

チャレンジエピソード

ピンチをチャンスに変えて、
お客様から常に頼られる存在へ。

入社当初、私は「クレーム対応」に対してあまりポジティブな印象は持っていませんでした。でも、数年間この業務を経験したことで、今ではお客様との信頼関係を築くことができる仕事だと思っています。理由は、お客様から不具合の指摘を受けると、私たちは何度も何度も実証実験を行い品質の検証をするのですが、結果的に品質のレベルが向上するんです。お客様に報告すると「そんなに検証してくれたんだね。品質のレベルも上がっているし、ありがとう!」と言ってもらえることもあって。最初はピリピリしていたのに、最後には感謝されている自分がいる。お客様のクレームに誠心誠意向き合い、懸命に対応する先で信頼関係が生まれるのです。今はお客様と接する機会は限定的ですが、将来的にはクレームに限らず製品の使用方法など些細な困りごとでも尋ねてもらえるような存在になりたいですね。そのために幅広い知見や専門知識を習得し、製品や技術、工程などについて1から10までアドバイスできるよう備えていきたいと思っています。

何かを知るためには、自分の耳で聞く、目で見る、体験することが大切です。

何かを知るためには、自分の耳で聞く、
目で見る、体験することが大切です。

WEBで調べるだけではわからない「会社や仕事の本当のトコロ」って多くあると思います。私もNittoの面接を受け、入社していなければ未だに「メーカーはカタい」と思っていたかもしれません。メーカーのイメージが180度変わったのは、やはり実際に社員の方々にお会いし、お話ししたからこそ。ですから、少しでも会社に興味を持ったらインターンシップや説明会に積極的に参加してみてください。社員さんと話してみてください。その時、自分が感じる「何か」が、未来を決める上でとても大切だと思います。

MESSAGE

SCHEDULE

SCHEDULESCHEDULE