内にも外にも目を向ける、
そのバランス感覚を大事にしたい。

内にも外にも目を向ける、
そのバランス感覚を大事にしたい。

情報機能材料事業部門
製造統括本部 製造技術統括部 第3製造技術部 製造技術10課
製造技術 2017年入社
村永 佳奈子Kanako Muranaga
久留米工業高等専門学校 物質工学専攻

CAREER

  • 1年目

    入社後、製造部に配属され、モバイル製品の量産対応を担当。

  • 2年目〜現在

    製造技術部に異動になり、モバイル向け偏光板の加工品質改善をはじめ、PCモニタ向け偏光板の新加工方法立ち上げや、車載向け偏光板の品質改善・生産体制構築などを担当。

Nittoに入社を決めた理由

「目立たないけど、実はスゴイ!」
そんな素材、そんな会社に心惹かれて。

学生の頃からスマートフォンやテレビのディスプレイなど、身近な製品に使われている素材や部材が気になり、素材メーカーで働きたいと思っていました。「この機能はどうやって実現してるのだろう?」と考え、最終製品として表に出ずに製品の機能性を高める、縁の下の力持ち的な機能性部材におもしろさを感じました。なかでも偏光板に興味を持っていたところ、Nittoと出会ったのです。Nittoは偏光板に強く、海外生産もしていたので、グローバルに働いてみたいと思っていた私には、まさにうってつけでしたね。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

Nittoで感じるやりがい

世界が相手の難しい課題や要求も、
力を結集し、スピード感を持って対応する。

私が担当しているのは、モバイルやPC、車載ディスプレイなどに使われる偏光板を加工する技術の検討です。製造工程で言えば“加工”は最終部分。例えば、ロール状で完成した偏光板をお客様が求めるサイズに加工する工程があり、その作業を行うメイン工場は海外拠点になります。海を隔ててのやりとりで、外国の方々と関わることも多いですね。現地の生産機を使って検証したり、生産が安定するようにサポートしたりするのが主な業務です。近年ではディスプレイのデザイン性や質感が重要視され、要求の精度も厳しくなる一方です。そんななかで、試作や評価を繰り返し最適な加工方法を見つけた時は、思わず「やった!」と叫びたいほど、やりがいを感じますね。チームや現場も含めたくさんの方々の協力で解決しています。競争の激しいディスプレイ業界ではスピードが命。仕事も質と速さの両立を求められます。大変なこともありますが、自然と経験値もアップし、自分の成長スピードも上がるという、プラスのサイクルで頑張れている気がします。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

チャレンジエピソード

私のなかでチャレンジといえば海外、
海の向こうに広がる可能性と未来へ。

「ついにその日が来た!」とワクワクしていた海外出張。2年目に念願叶ってアジアのシリコンバレーと呼ばれる中国の深セン(深圳市)へ行くことに。出張の目的は、品質の安定化を含めた加工技術の支援。海外で働くチャンスのためにNittoを選んだところもあり、この瞬間を心待ちにしていました。しかし現実は、先輩の後をついて回るだけで結局何もできず、あっという間に1週間の出張が終了。「このままじゃダメだ」と思い、私のチャレンジが始まりました。2回目の出張以降は、事前に検証内容や欲しい結果を細かなところまで頭に叩き込み、分からない部分は下調べをして準備万端で臨んだのです。すると、言葉の通じにくい現地の方とのやりとりもスムーズになり、先輩と手分けしながら効率よく検証を進めることができました。この時から“海外”と“チャレンジ”は私のなかではセットですね。現地で感じ学んだ経験をいかし、より見聞を広めて、将来は海外拠点で一から新しい設備の構築にチャレンジしてみたいと思っています。

自分を見つめ積極的に動けば、新しい世界と本当の自分に出会える。

自分を見つめ積極的に動けば、
新しい世界と本当の自分に出会える。

私はK-POPが好きで、独学で韓国語を勉強していたのですが、思い切って学生最後の1年で韓国語教室に通いました。自分から積極的にできるタイプではないと思っていたので、新たな一面が発見できて自信にもなったんです。言語を通して文化や考え方を学ぶうちに視野が広がり、将来は世界中で仕事をしてみたいという目標も明確になりました。一歩踏み出せば、必ず新しい扉は開けます。自分にフォーカスし行動することは、きっと就職活動でも役立つはず。Nittoなら海外で活躍するチャンスもありますよ。

MESSAGE

SCHEDULE

SCHEDULESCHEDULE