日々いくつものチャレンジを重ね、チームで結果を出しつづけていく。

日々いくつものチャレンジを重ね、
チームで結果を出しつづけていく。

基盤機能材料事業部門
エレクトロニクス材料事業部 営業部
電子プロセス材グループ  係長

営業 2012年入社
関岡 幸大Kodai Sekioka

CAREER

  • 入社〜5年目

    東京支店にて掃除機メーカーなどを担当。2年目からは韓国や中国、北中南米の現地法人からの問い合わせ窓口も担当し、海外出張を経験する。

  • 6年目〜8年目

    北陸の営業所に異動し、電子部品の製造販売を中心とする顧客に密着。Nittoの全製品を扱うことになり、幅広い知識を習得。また、顧客との関係性の築き方を学ぶ。

  • 9年目〜10年目

    大阪支店に異動。大手電子部品メーカーの営業を任される。

  • 現在

    電子部品メーカーのアカウントリーダーとして担当地域の窓口をしつつ、各エリアの担当者と案件の進捗状況などを共有し、営業活動全体の取りまとめや調整を行う。

Nittoに入社を決めた理由

チームで目標を達成していきたい。
その想いが叶う環境だと強く感じた。

学生時代は、15年間ずっと野球に打ち込み、チームワークを大切にしながらみんなで切磋琢磨する環境で育ってきました。そのため就職活動で重視していたのは、チームで目標を目指せる職種・環境。メーカーの営業であれば企画や製造、開発、生産管理など、さまざまな人、チームの想いが詰まった製品を世に届けられると思い志望しました。Nittoを選んだ理由は、面接のなかでチームを大切にする雰囲気や温かさを強く感じたからです。また、1次から最終面接まで、どの面接官の方も「チャレンジを応援する社風がある」と仰っていたので、「ここで仲間と高みを目指そう」と思い入社しました。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

Nittoで感じるやりがい

日々を地道に、着実に積みかさねる。
それが、喜びや成果につながっていく。

アカウントリーダーは営業方針を左右する重要なポジションですし、任されている電子部品メーカーはNittoにとって重要なお客様ですので、少なからずプレッシャーはあります。その分、自身が旗振り役となってチーム一丸でお客様の課題を解決した時や、「関岡だからうまく案件を進めることができた」と信頼を獲得できた時はやはり嬉しいですね。やりがいも大きいです。ただ、その分責任も重いので、価格交渉や納期調整、その他大小さまざまな物事がスムーズに進むよう心がけていることはいくつもあります。まず上司への報告・連絡・相談は大前提。また、広い視野を持ってお客様と対等に交渉できるよう情報収集も重要です。自社製品のことはもちろん、価格体系や商流、物流なども知っておかないといけませんし、お客様の組織体制や株価、決算情報も頭に入れています。交渉・調整が多いため「自分はどうしたいか」と常に一人称で、主体的に考えるようにしていますね。日々小さなことの積みかさねかもしれませんが、その地道な努力の先に、信頼関係の構築や、新規案件の受注があるのだと私は感じています。

Nittoに入社を決めた理由Nittoに入社を決めた理由

チャレンジエピソード

大きなことだけがチャレンジではない。
日常にチャレンジは溢れている。

「チャレンジ」と聞くと、とても大きな挑戦を想像するかもしれませんが、目の前にある仕事をうまく運ぶために戦略を考えることもチャレンジだと思うんです。たとえば価格交渉ひとつとってもそう。単価200円の製品を180円で販売してくださいと言われたとします。たったマイナス20円かもしれませんが、何百個も売るとなると合計売上に大きな差が生じます。そこを195円での販売に折り合いをつけられるよう、「マイナス5円で収めるぞ!」と意志を共有し、アイデアを集め、資料を用意してお客様に説明するストーリーを考えることもひとつのチャレンジです。物事のとらえ方次第ですよね。その点で日々さまざまなチャレンジはしているのですが、一方で今後は営業のあり方を拡張するような取り組みをしたいと思っています。コロナ禍でどうしても対面での密着営業がしにくくなったため、今までとは異なる営業アプローチが必要です。アイデアとしてはお客様の製品やビジネスに、Nittoの技術がどう貢献できるか訴求する動画などです。製品機能ではなく、Nittoと協業することで市場にどのようなインパクトを与えることができるか、“コトを売る”営業にチャレンジしていきたいと思っています。このような密着対応での提案を通じて、顧客に新たな気づきが生まれ、潜在需要の創出につながると思います。これはNittoの存在価値であり、Nittoと顧客をつなぐ役割が営業の価値になると考えています。

強い意志を持ち、努力と挑戦をかさねる先で道は必ず拓けます。

強い意志を持ち、努力と挑戦を
かさねる先で道は必ず拓けます。

Nittoの営業は日々さまざまな課題を解決するために、時には泥臭く社内外との交渉や調整を行わなければいけません。大変なことは多いですが、チームで協力し合い成果を出せた時の喜びは、苦労が吹っ飛ぶほど嬉しいものです。また私がそうしてもらったように、努力や挑戦に対して先輩や上司はとても協力的で、厳しくも温かく指導してくれます。意志をもって道を拓いていこうとする方にとって、チャレンジの機会が多いNittoは最適な環境だと思います。

MESSAGE

SCHEDULE

SCHEDULESCHEDULE