本文へリンク

日本サイト

労働安全衛生活動

先取りの安全活動

Nittoグループは、事業活動を行う上で多種多様な設備を使用するとともに、多くの化学物質を取り扱っています。そのために、労働災害のみならず、火災・爆発などの災害が発生するリスクがあります。
そこで、災害が発生する原因を極小化するための「先取りの安全活動」に取り組み、次の3つに重点をおいて安全対策を継続的に進めています。

機械安全

国際規格に準拠した安全設計の基本的な考え方を定め、設備を設計する段階からリスク低減を図っています。また、設備導入時に適切な審査を実施し、基準を満たした設備のみを導入しています。

安全文化醸成

「安全を最優先する文化を醸成する」を目的とし、どのような危険が起こりうるか疑似的な体験ができる、体感型安全教育を通じて安全意識の向上を図っています。
また、会議や打合せの前に行う「安全唱和」や自身の体験談を紹介する「Safety talk」を実施し、危険な行動・状態を共有化することで、全員参加で安全で安心な職場を築いています。

安全技術開発

生産プロセスを構築する段階でリスクを低減するために、新しい製造プロセス技術の開発を常に進めています。

事故発生時の対応

Nittoグループには、大災害や重大事故などが起きた場合、即座に経営トップに通報するシステムがあります。また、災害データを適正に管理し、分析することで再発防止活動を促進しています。さらには、その情報を従業員に公開し安全への意識向上に努めています。

災害への備え

「減災(災害を予防する・被害を少なくする取組み)」と「早期復旧」を両輪として、事業継続マネジメント(BCM)を構築しています。
(BCM)の中で設定されている「非常時の行動計画」では、組織として定期的な防災訓練等を試行し、その結果を反映させて改善を行っています。さらには、救護などの適切な訓練を受け、かつ必要とされる救護用品を備えることで、従業員の安全確保を最優先に取り組んでいます。

企業情報に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る