Nittoの13500種ある商品の中の1つ レイクレア

Nitto's Innovation

パネル劣化の原因となるため、吸収剤を含んだシートによって遮られていた紫外線。そこに独自の波長変換剤を使うことで、紫外線を青色光に変換。これまで保護するだけだった封止シートを、エネルギーを生み出すものに変えたのです。これにより、今までカットしていた分の光量が発電に使えるようになり、太陽電池の出力は約2%向上。新たな設備を導入することなく、1枚のシートを変えるだけで出力アップできるのも、大きな特長です。

レイクレア®

日焼けの原因となり、肌の大敵と言われる紫外線。実は太陽電池にとっても有害で、これまでカットされていたものでした。Nittoは、そんな紫外線を活用して太陽電池の発電効率を高める技術「レイクレア®」を開発。これを日本中の太陽電池に搭載すると、大型テーマパークで使う電力、5年ぶん以上を生み出すことに※。課題の発電効率に、解決の糸口を見つけたのです。
※2018年に生産される全ての太陽電池にレイクレア®を搭載した場合、一年間に発電される電力量が1,122GWh増加。大型テーマパークが一日で使用する電力量を0.57GWhとして算出。
(1,122GWh÷0.57GWh=1968日)

製品詳細へ トップへもどる