日東電工グループ CSR & アニュアルレポート 2012
32/40

CSR & Annual Report 201232社会貢献活動より良い社会をめざし、さまざまな活動を、各国・各地で地道に続けています。教育振興・国際交流日本、チェコ、ベルギーの連携で、偏光フィルムを使った教材を中学校に提供子供たちに科学への興味を持ってもらい、将来の科学者・技術者を育てるために、ヨーロッパでは科学の教材を無償提供する「Photonics Explorer」が展開されています。この活動は、ベルギーのブラッセル大学がコーディネーターとなり、EUの資金援助を受けて5つの大学が企画・開発し、民間企業が教材を作るという、産官学一体となった取り組みです。その支援を日東電工チェコと日東電工尾道事業所でも行っています。尾道事業所から偏光フィルムを提供してもらい、それを日東電工チェコの従業員が手作りで教材にします。そしてNPOを介して、最終的には10,000個の教材が英国やベルギーなど8カ国の中学校に提供される計画です。すでにこの教材が配布された学校では、生徒たちが光の不思議やおもしろさを学んでいます。スポーツ支援活動第31回大阪国際女子マラソン2012年1月29日、「チャレンジする人を応援します」をコンセプトに、8年目となる今年も大阪国際女子マラソンに協賛しました。日東電工グループからは1,700人が来場し、約550人がボランティアとして参加。会場周辺の清掃やランナーへのテーピングサービスなどを行いました。スタート写真提供:産経新聞社社会貢献活動偏光フィルムの教材教材を手作りする日東電工チェコの従業員

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です