CSR&アニュアルレポート2011
9/40

CSR & Annual Report 20119その他の工場・支店・営業所でも、キャビネットやテレビなどが倒れるなどの被害がありましたが、甚大な被害はなく、ライフラインが回復次第、営業を再開しています。なお、いずれも津波の被害はありませんでした。●関東地方関東地方でも大きな揺れがありましたが、当社グループには大きな被害はありませんでした。首都圏では交通機関が止まったため、帰宅できなかった社員が多く出ました。日東電工東京支店でも約80名が事務所停留を余儀なくされました。その後もライフライン停止や計画停電の影響がありましたが、4月には通常の勤務体制に戻りました。(4)材料調達への影響被災されたサプライヤー様も少なくなく、また物流の問題もあり、入手が困難になっている材料も一部ありましたが、在庫や代替品によって、重大な問題は発生していません。(5)福島第1原発事故の影響日東電工グループの拠点はすべて福島第1原発から30km圏外にあり、原発事故の直接の被害は受けていません。使用する材料については、80km圏内から購入するものは放射能汚染のないことを確認の上、使用しています。また、お客様と従業員の安全・安心を確保するため、必要に応じて自主的に放射線量の確認も行っています。被災地への支援活動(1)日東電工グループからの義援金被災地の救済および復興に役立てていただくため、日本赤十字社を介して1億円を寄付しました。(2)従業員からの募金世界の日東電工グループで働く人々から募金が寄せられました。さらに、その合計金額と同じ額を会社が加えた総額6,300万円(半分は従業員の寄付)を、各国の赤十字社に寄付しました。(3)物資の寄付下記を官公庁や支援団体を介して被災地に提供しました。●使い捨てカイロ当社の多孔質フィルムが使われている「使い捨てカイロ」12,000個。●医療用テープ類当社製品である、サージカルテープ2,605巻、粘着包帯912巻、医療用ドレッシング類81ケース。●マスクと消毒用アルコール新型インフルエンザ対策用に日東電工本社で備蓄していたマスク20万枚と消毒用アルコール150本。●「コロコロ®」宮城県亘理町からの依頼を受けて、避難所での衛生保持のため、ニトムズのカーペットクリーナー「コロコロ®」300本とスペア217パック。被災地の一日も早い復興を心より祈念し、今後も継続して被災地への支援に取り組んでいきます。日東電工マテリアルタイランドでの募金風景アメリカのハイドロノーティクスでは、ドーナツやパンなどを売って、その収益を募金に被災地に発送される「使い捨てカイロ」

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です