CSR&アニュアルレポート2011
8/40

CSR & Annual Report 201182011年3月11日、三陸沖を震源とするM9.0の巨大地震が発生しました。被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。日東電工グループもこの東日本大震災の影響を受けておりますので、被害と対応につきまして報告いたします。(2011年5月17日現在)日東電工グループの被害と対応(1)対策本部の立ち上げ日東電工グループでは、地震発生後すぐにCEOを本部長とするグループ対策本部を立ち上げました。4月下旬までの連日、被災した拠点の現地対策本部と連絡を取り合い、各部署との連携によって、従業員の安否確認、被災地への支援、生産再開への支援などを行いました。(2)人的被害状況安否確認システムなどで、揺れの大きかった東北・関東地方で働いている従業員と出張者の安否確認を行い、全員の無事を確認しました。(3)建物・設備の被害状況と対応●東北地方東北地方には、8つの日東電工グループ拠点があります(地図参照)。最も大きな影響を受けたのは、仙台市から約40km北の大崎市にある日東電工の東北事業所で、建屋の一部が破損しました。設備に関しては大きな損傷はありませんでしたが、ライフラインの断絶や点検のため、2週間ほど生産を止めざるをえませんでした。ライフラインが復旧した3月24日には一部生産を再開し、4月中旬にはほぼ震災前の生産体制に戻りました。日昌いわき工場は、建屋や設備に大きな被害はありませんでしたが、ライフライン停止や福島第1原発事故の影響を受け※、一時生産を止めていました。こちらも3月22日から生産を再開しています。※日昌いわき工場および福島日東シンコーは福島第1原発から30km以上離れており安全区域ですが、従業員の安全優先のため、一時出社を見合わせるなどの対策をとりました。仙台にある日東電工 東北支店の事務所内。キャビネットは壁に固定していましたが、それを上回る揺れのため、倒れました。日昌いわき工場。玄関ガラス破損(フィルムで養生部分)特集 : 東日本大震災 - 日東電工グループへの影響日東電工 東北事業所で、特に被害の大きかった評価棟内。 階段の天井一部が落下しました。青森秋田岩手山形栃木茨城群馬埼玉千葉神奈川東京山梨長野岐阜富山石川福島新潟宮城日東電工 東北事業所(宮城県大崎市)日昌 東北工場(宮城県大崎市)日東電工 秋田営業所(秋田県にかほ市)日東電工 東北支店(宮城県仙台市)ニトムズ 仙台営業所(宮城県仙台市)エル日昌 東北営業所(宮城県仙台市)日昌 いわき工場(福島県いわき市)福島日東シンコー(福島県東白河郡)福島第1原発半径30km圏

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です