CSR&アニュアルレポート2011
18/40

CSR & Annual Report 201118コーポレートガバナンス■NCS共通教育 エリア別受講者数実績と計画01,0002,0003,0004,0005,0006,0007,0008,00005,00010,00015,00020,00025,0009102,8004,2109,31017,01023,6702003001,0005001,0001,0001,0004002003001001006,4004001003002002001005,400600601002007年度2008年度2009年度2010年度2011年度計画年度受講者数(人)累計受講者数(人)米国累計欧州南アジア中国台湾韓国日本(2)一般教育(NCS※) ※Nitto Denko Group Cultivation System日東電工グループで働くすべての人に必要な科目を、数言語に翻訳されたグループ共通テキストを使って、各現地法人の従業員が講師となって教えています。2007年度に日本からスタートしたNCS教育は、2010年度には中国を含めた世界各国に展開されています。2011年度もこの活動を継続し、人財育成による質の向上を目指していきます。(3)トレーニー制度中・長期的な視点に立ち、将来グローバルで幅広く活躍できる若手社員の育成制度です。2004年度からスタートし今までに48名を海外の現地法人に派遣してきました。さらに効果をあげるために、2010年度から語学教育に力を入れ、英語圏または新興国でホームステイを実施するなど、コミュニケーション能力向上、異文化適応を進め、グローバルでの事業展開に対応できる人財の育成に取り組んでいます。現在、14名が派遣され、現地法人でテーマ研修を受けています。日昌ハンガリーでの講義風景海外での展開を急速に進めています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です