CSR&アニュアルレポート2011
17/40

CSR & Annual Report 201117毎年、一定数のリーダー候補者を輩出しています。(1)災害の推移グループ目標である「重大・重要災害ゼロ」を目指して安全活動に取り組んできた結果、発生件数は低下の傾向にありましたが、2010年度は前年度と比較して重大・重要災害の発生件数が増加してしまいました。災害が起きた職場は安全活動に不十分な点があり、特に未然防止という点で課題がありました。これらの課題を解決するため、さらなる予防や安全教育を展開し、日東電工グループ一体となって従業員が安心して働ける職場の形成に取り組んでいきます。(2)化学物質による災害を防ぐために2009年度に中国のグループ会社で、化学物質が原因で従業員が1名亡くなるという災害が発生してしまいました。二度とこのような事故を発生させないために、化学物質が持つ危険性を計る「ケミカルリスクアセスメント」の手法を確立しました。今後日東電工グループすべての職場へ展開して、さらなる安全活動につなげていきます。■認証関係2010年度は、2010年5月に上海日東光学有限公司がOHSAS18001:2007を取得しました。人事関連・人財育成グローバルに活躍できる従業員の育成事業の成長と質の向上を牽引するのは人財です。日東電工グループでは、「変革をいとわず果敢にチャレンジする多様な人財」を、国籍・文化・言語などにとらわれずに世界中で育て、活躍の機会を提供することを目指しています。そのための教育を継続的に行っています。(1)日東University2000年に開校した、経営リーダーを育成するための教育です(前身のイノベーションスクールも含む)。この10年間で約600名が卒業し、卒業生の中から9名の役員が出ています(2011年7月現在)。これまで海外からの参加者はありましたが、開催地は日本だけで、講義も基本的には日本語でした。2011年度からは日本国外での開催、言語も英語など、グローバルな内容で開催する予定で、2010年度はその企画を行いました。■日東University受講者数推移0204060801001200100200300400500600700192140208420181202021212152495151235412060724252527528374274732425200020022004200520062007200820092010当社DNAを理解する、挑戦的な若手人財の育成コースイノベーションスクール日東University年度受講者数(人)累計受講者数(人)累計グローバルに通用する次世代リーダーの育成コース将来の経営幹部候補の育成コース(年度)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です