CSR&アニュアルレポート2011
16/40

CSR & Annual Report 201116コーポレートガバナンス調達「オープン、フェア、ベスト」の精神で、グローバルな調達を日東電工グループでは、「オープン、フェア、ベスト」の精神にのっとった調達活動を、グローバルに展開しています。特に、化学物質管理統括部と行っているCHI(原材料化学物質情報システム)によって、環境と安全にも配慮した調達を、スピーディに行っています。2010年度は、コンゴ共和国での紛争に関連して、米国政府から「コンフリクト・ミネラルズ」条項が出され、「電子製品に使われている特定の金属について、メーカーは産地の報告を義務づける」ことが明記されましたが、その対応にも努めています。従業員の安全対策安全をすべてに優先日東電工グループは、「安全をすべてに優先する」という行動基準を念頭に、すべての従業員が安全に安心して働ける職場環境の形成と維持を目指して、災害を未然に防ぐ活動に取り組んでいます。■N災害度数率の推移05101520253035400.00.10.20.30.40.50.60.70.837242817168200520062007200820092010(年度)0.690.380.41目標0.480.290.130.24目標0.35重大・重要災害件数N災害度数率件数N災害度数率重大災害 : 後遺症(障がい)が残る災害重要災害 : 後遺症(障がい)が残る災害につながる可能性のある災害N災害度数率 : のべ労働時間100万時間あたりの重大・重要災害発生件数●日東電工滋賀事業所が 厚生労働大臣奨励賞を受賞滋賀事業所では、労働安全衛生の重要性を深く認識し、安全衛生管理を計画的・継続的に取り組んだ結果、1986年3月より無災害を達成しています。この実績が評価され、2010年7月1日に平成22年度「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」の奨励賞を受賞しました。●日東電工豊橋事業所が労働基準局 無災害記録証第3種(810万時間)を 受賞豊橋事業所は、総合安全の重要性を深く認識し全員が一致協力して総合安全運動の推進に努め、2010年9月16日に無災害時間810万時間を達成しました。社外表彰

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です