本文へリンク

熱で硬くなるシート

テープのひみつ館

熱で硬くなるシート

どんなテープ?

加熱すると発泡に厚みが増し、硬くなって強度がアップするテープです。

 

硬くなる秘密(仕組み)

180℃の温度で20分加熱すると樹脂層が発泡して厚みが増し、硬くなります。厚みが増すことで曲げにくくなり、硬くなることで、強度がUPします。

こんなところに使われています


自動車ボディーの補強に使われています。部分的に貼るだけで最適な補強ができます。

なぜ使われるのでしょうか?

自動車ボディを補強するために使われます。

最近の自動車は、燃費向上のために車を軽くしています。自動車を軽くするためには、鋼板を薄くする必要があります。薄くなると強度が弱くなるので、軽いままで補強ができる、熱で硬くなるシートが必要になるのです。

製品ページはこちら

ページトップへ戻る