本文へリンク

延伸技術

延伸技術とは、加熱されたプラスチックフィルムを引き伸ばして分子を整列させる技術であり、フィルムの物性(特性)を改変することができるという特徴があります。延伸の力が一方向に与えられる場合は「一軸延伸」、二方向に引き伸ばされる場合は「二軸延伸」と定義されます。
Nittoでは特に光学用フィルムに必要となる精密な延伸技術を有しており、液晶ディスプレイ(LCD)に不可欠な偏光機能を持った偏光板、視野角拡大機能を持つ位相差板などの製品に、この技術が活かされています。
また、フィルターなどに使われている多孔質膜も、この延伸技術の利用によって生まれた製品で、異物分離や通気の機能を有しています。
延伸することによってPVAの分子が一列に並び、偏光機能を持つ

研究開発に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る