本文へリンク

ポリマーブレンド・アロイ技術

ポリマーブレンド・アロイは、2種類以上のポリマーを、物理的・化学的相互作用を利用して複合化させ、個々のポリマーでは実現できない新しい性能・機能を持たせることができる技術です。
Nittoでは、さまざまな性能を有するフィルム基材・粘着テープ・各種機能性材料を製造・開発するため、ポリマーブレンド・アロイ技術を応用しています。

グラフト重合によるイオン透過性膜の製造

グラフト重合は、「接木(つぎき)」のように、幹ポリマーに枝ポリマーを形成することにより、それぞれのポリマーが持っている機能を複合化したり、あるいは、まったく新しい機能を発現させることを目指す技術です。
Nittoでは、疎水性のポリエチレンフィルムに、アクリル系モノマーをグラフト重合することにより、親水性を付与しています。グラフト重合の開始点を生成させるため、ポリエチレンフィルムにあらかじめ電子線を照射し、ラジカルを発生させます。その後グラフト重合を行います。グラフト重合条件の制御により、均一なイオン透過性膜を製造することが可能となりました。
このグラフト重合イオン透過性膜は、酸化銀電池のセパレータとして実用化しています。

グラフト重合技術を適用したセパレータと酸化銀電池

グラフト重合技術を適用したセパレータと
酸化銀電池

グラフト重合度とフィルム抵抗の関係

グラフト重合度とフィルム抵抗の関係

研究開発に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る