本文へリンク

表面改質技術

フィルム表面に種々の機能を付与したり、目的に合わせた表面を創出することで、多くの特徴ある製品を生み出しています。その中からいくつかをご紹介します。

導電性付与技術

フィルム表面に真空中でナノオーダーの導電性薄膜を均一に形成する技術で、タッチパネル用透明導電フィルムやフレキシブル回路基板などに利用されています。

スパッタ成膜技術
真空中でArガスを導入し電界をかけると、Ar+と電子に分解したプラズマ状態が得られます。Ar+イオンをターゲットに高速で衝突させることでターゲット物質を対向している基板フィルム上へ堆積させる技術です。
ターゲットそのものを成膜させる場合と、O2などのガスと反応させて成膜させる場合があります。後者の代表として、In2O3-SnO2 ターゲットから、O2と反応させて成膜した、ITO透明導電フィルムがあります。

低光反射表面付与技術

光学フィルム表面に光を拡散反射させたり、干渉させる層を設けることで、外光の映り込みを防止して、ディスプレイを見やすくします。

防眩処理
ガラスビーズやプラスチックビーズを分散させた樹脂を塗布し、表面ミクロンオーダーの凹凸を形成し、反射光を拡散させます。
反射防止処理
高屈折率材料と低屈折材料を交互に積層し、最表面の反射光と各界面の反射光との位相をずらすことで、反射光を打ち消します。

表面エネルギー制御技術

フィルム表面に形成する材料に応じて、フィルム表面エネルギーを制御し、両者の密着力を改善します。制御方法には、ドライプロセスとウエットプロセスがありますが、ドライプロセスの一例を紹介します。

スパッタエッチング処理
ロール電極を高圧側にして放電させることで高エネルギーイオンをフィルムに衝突させ、表面に微細な凹凸の形成や種々の極性基を導入することで、粘着剤の密着力を向上させます。ふっ素樹脂粘着テープに応用されています。


プラズマ処理
下部電極を高圧側にして放電させることでイオンやラジカルをフィルム表面に作用させ、種々の極性基を形成させます。ポリイミドフィルム上に銅配線を形成する場合などに応用されています。

研究開発に関するお問い合わせ

  • TEL06-7632-2101

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る