本文へリンク

光学特性評価技術

液晶ディスプレイ(LCD)になくてはならない光学フィルム

偏光板は通常LCDの表裏に配置して用いられることもあり、2枚の偏光板を平行に重ねた時の明るさが、LCDの最大輝度となり、直交して重ねた時の暗さが黒表示の状態に相当します。従って、LCDの輝度、コントラストなどの光学特性は、偏光板の特性によって大きく左右されることになります。

analyze_optical_img_structure_txt
Basic LCD Structure

LCDの基本構造と偏光板の機能

視野角特性評価

位相差板は、正面方向と斜め方向に対する位相差を調整し、光が液晶パネルを通過する時に発生する正面方向と斜め方向の位相差を相殺。正面方向、斜め方向とも画像がきれいに見えるLCDを実現することができます。この位相差板について各種視野角特性(位相差値、主軸方位、透過率など)を高精度で評価する技術により、各種の液晶パネルに最適な位相差値や新たな機能の設計をすることができます。

Measuring viewing angle characteristics from various angles using a sensor
位相差板の視野角特性評価手法と評価例

位相差板の視野角特性評価手法と評価例

研究開発に関するお問い合わせ

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る