本文へリンク

メリット ―温度依存レス(低温・高温における分析)―

ヤモリテープの材料となるカーボンナノチューブ(CNT)はガラス転移温度、融点を持たないので-150℃の低温から500℃の高温までの温度範囲で良好な接着特性が得られます。低温・高温環境における分析が可能となるため、分析環境温度の幅が広がり、多様な分析試料に対応できるメリットがあります。


汎用の粘着剤、両面テープは有機化合物を含むため、ガラス転移温度、融点の影響を受けます。粘着剤の種類にもよりますが、一般的に-30℃以下ではガラス転移温度の影響によりガラス化し、250℃以上では融点の影響により軟化、流動してしまいます。そのため、粘着剤の使用範囲は-30~250℃の温度に限られてしまいます。
これに対して、ヤモリテープはCNTで構成されているので、温度の影響を受けません。内部に蓄えられた応力を保持する弾性成分である貯蔵弾性率G’は、粘着機能をもつとされる105Pa付近の領域で温度にかかわらず一定のため、-30℃以下の低温範囲や250℃から500℃までの高温範囲でも粘着特性が良好です。

yamori_tempindependent_img_txt

図 各粘着剤の動的粘弾性における貯蔵弾性率(G’)の温度依存

測定条件 測定装置 :ARES-G2
測定モード :温度分散
測定温度 :-150℃~500℃
周波数 :1Hz
ひずみ :1%

分析サービス説明ページへ戻る

ページトップへ戻る