本文へリンク

メリット ―非汚染―

ヤモリテープは溶剤を使用していないため、真空環境下での接着性が良好で、アウトガスの影響がない、より正確な分析データを提供します。


汎用の粘着剤、両面テープの多くは有機溶剤中での重合反応により作られます。その過程で使用される溶剤や未反応物は粘着剤中に残存しているため、真空、高温の環境下ではアウトガスが発生し、測定精度の低下、試料の汚染の原因となります。分析に使用する前にエージングを行ったとしても、その影響はゼロではありません。

これに対して、ヤモリテープはカーボンナノチューブから構成されているので、炭素骨格のみで有機溶剤や未反応物を含みません。ガスクロマトグラフ/質量分析装置(GC/MS)によるアウトガス測定ではアウトガス量がエージングした導電性テープの1/100です。そのため、極端に汚染を嫌う試料、真空・高温下で測定する試料の固定に使うことで、より正確な分析データを取得できます。

図 ガスクロマトグラフ/質量分析装置(GC/MS)によるアウトガス測定結果

図 ガスクロマトグラフ/質量分析装置(GC/MS)によるアウトガス測定結果

測定条件 :120℃ x 30min

分析サービス説明ページへ戻る

ページトップへ戻る