本文へリンク

核酸医薬

核酸医薬は、DNAやRNAの構成成分である核酸(オリゴヌクレオチド)からなる医薬品で、遺伝子の発現に直接作用することにより、これまで治療が難しかった病気の治療が可能になると期待されています。抗体医薬に次ぐ医薬品として注目されており、今後、核酸医薬市場は拡大が見込まれています。抗体医薬との違いのひとつに、核酸医薬は合成が可能ということがあります。当社は核酸医薬合成用の高性能なポリマービーズ(固相合成用担体) NittoPhase(ニトフェーズ)を開発し販売するとともに、核酸医薬の製造受託分野でのトップシェアを有する日東電工アビシアを中核に核酸創薬を手掛けられる製薬会社様、バイオテック企業様に製造、サービスをご提供しております。
本製品のお問合せ・
サンプルのご依頼

カスタマーサポートセンター

  • TEL 0120-112-387
  • FAX 03-6631-1617

受付時間:9:00~17:30

土・日・祝日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く

Nitto Denko Avecia Inc.

日東電工アビシアは、米国マサチューセッツ州、ミルフォード とオハイオ州、シンシナティにある核酸医薬の受託合成製造会社です。今後成長が期待される核酸医薬の分野において事業基盤の強化を目的に、核酸医薬の製造受託分野でトップシェアを誇るアビシアバイオテクノロジー社を2011年2月に買収して新たに設立しました。

日東電工アビシアは、前臨床段階から商業的施設までのステージにおいて、アンチセンス、siRNA、アプタマー、免疫賦活剤、miRNAおよびデコイ分子といった広範囲にわたる核酸医薬原薬を、FDAの検査 をクリアしたcGMP施設にて製造しています。

また、分析方法開発、プロセスバリデーション、安定性試験、品質管理及び薬事面サポートと幅広いサービスを提供しています。

  • ※ cGMP:Current Good Manufacturing Practice ((現行の)医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準の略)。 米国食品医薬品局の医薬品等の製造、試験に適用される品質管理システムのこと。
NITTO DENKO Avecia Inc.

核酸合成用ビーズ

ヒトゲノムプロジェクトが完了し、様々な病気の原因や発症メカニズムが遺伝子レベルで解明されつつあります。

それに伴い、新しい治療方法も現実化されつつあります。
新しい疾病の治療の一つとして、遺伝子やその一部分をヒトの体内に投与し、遺伝子の働きを利用して病気を治す遺伝子治療や核酸医療が注目されています。

目的とする遺伝子や蛋白質の働きを抑制する、化学的に合成した核酸は一般に核酸医薬と呼ばれています。
 なかでも「siRNA」に代表されるRNA干渉という現象は2006年に、発見からわずか8年でノーベル医学生理学賞を受賞しており、今後の新しい治療薬として大きな期待が寄せられています。

この遺伝子治療や核酸医療の分野でも、高分子合成技術を応用した私たちの開発した材料が使われています。

核酸合成用ビーズ拡大図

表面および内部での核酸合成イメージ図

核酸合成用ビーズ:NittoPhase

「NittoPhase」は、キノベートライフサイエンスから全世界のお客 様に向けて独占的に販売されています。

Kinovate Life Sciences, Inc.

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

カスタマーサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る