本文へリンク

省エネ・窓ガラス断熱フィルム PENJEREX®

夏も冬も省エネ! 遮熱性とNo.1断熱性を併せ持つ透明な窓フィルム

夏場の暑さ・冷房負荷を下げるだけでなく、冬場の寒さ・暖房負荷も低減。1年を通して省エネに効果があり、透明性も高く、UVカット・飛散防止性能もあります。
本製品のお問合せ・
サンプルのご依頼

TDOC(ティードック)

保護材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30

土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く

5つの特長を分かりやすく解説した特別コンテンツ断熱シートPENJEREX特設ページをご覧ください。

PENJEREX(ペンジェレックス)®は夏はもちろん冬にも省エネ・快適性を提供する窓用遮熱&断熱フィルムです。

特長

  • 断熱性能No.1 熱貫流率3.6~3.8W/m2・K
  • 遮熱機能 日射熱40~51%カット (FL3mmガラス貼りつけの場合)
  • 透明(可視光線透過率70~78%)
  • 紫外線99%カット(日焼け防止)
  • ガラス飛散防止 JIS A 5759規格合格
  • 傷が付きにくいハードコート付・・・高耐久性

PENJEREXは、遮熱フィルム・飛散防止フィルム・UVカットフィルムの機能を有し、さらに断熱性を併せもっています。一般的な窓用省エネフィルムの多くは日射カット、遮熱を主機能としており(日射調整フィルム)、夏場のエネルギー削減、節電のために利用されています。一方、最近では、既築の建築・住宅における省エネの要請から断熱改修が進んでおり、省エネや節電、CO2削減などエネルギー関連のニーズが高まっています。PENJEREXは、遮熱に加えて断熱性能が高い、通年で省エネ効果を発揮するウインドウフィルムです。

PENJEREX PX-7060S

  1. 遮熱性
    日射熱を約50%カットし、夏場の冷房負荷を低減します。紫外線も99%カットします。
  2. 断熱性
    業界No.1の断熱性(熱貫流率:3.6W/㎡・K)。遠赤外線を室内に閉じ込めることで、冬場の寒さ、暖房負荷を低減します(熱流出:約40%削減)。
  3. 透明性
    省エネフィルムは、日中に外から見たときの窓ガラスの反射が強くなったり夜間に外が見えにくくなることがありますが、「PX-7060S」は可視光反射率が低く、反射を抑えています。
  4. 虹彩模様
    省エネフィルムは、特に夜間においてフィルム表面に虹模様が見えることがありますが、「PX-7060S」はこれを大幅に低減しています。 
  5. 耐擦傷性
    フィルム施工や拭き掃除をしても、キズがつきにくい設計です。

[補足]

  • ※熱貫流率*):ガラスにフィルムを貼付した場合の断熱性能を見る指標。数値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性能にすぐれ、暖房時の熱が逃げにくくなります。

断熱改修等における利点 ※単板ガラスを断熱化する場合

  1. 軽量化
    フィルム製品であるため、単板ガラスを複層ガラスにする場合と比べて軽量化できます。
  2. 施工の手軽さ
    既存の窓に貼るだけで効果があり、改修工事が手軽にできます。
  3. 安全性向上
    フィルムを貼ることでガラスの飛散防止効果があり、安全性が向上します。

構造・サイズ

  • ※テープ厚さには、はく離ライナー厚さは含みません。
品番 厚さ[mm] 幅[mm] 長さ[m]
PX-7060S 0.069 1030 30
1250
1524
PX-8080S 0.069 1030 30
1250
1524

光学的・熱的特性

品番 熱貫流率
(W/m2・K)
日射 可視光線 紫外線
透過率
(%)
遮へい
係数
日射熱
取得率
反射率
(%)
透過率
(%)
吸収率
(%)
反射率
(%)
透過率
(%)
PX-7060S 3.6 29 45 26 11 70 <1 0.56 0.49
PX-8080S 3.8 19 56 25 6 80 <1 0.68 0.60

[補足]

  • ※グリーン購入法適合品
  • ※透明フロートガラス(3㎜厚)に貼付して測定
  • ※JIS A 5759に基づいた実測値

飛散防止性能

JIS A5759のショットバック試験(記号:A)および層間変位試験(記号:B)の性能を満足します。

用途例

  • 建築物のガラス窓の遮熱・断熱
  • 冷蔵庫・冷凍庫のガラス窓(ショーケース等)の冷気断熱
  • 自動車のガラス窓の遮熱・断熱
  • 鉄道車両のガラス窓の遮熱・断熱

注意事項

  • 本製品は室内貼り専用フィルムです。また、被着体もガラスに限ります。
  • 太陽や蛍光灯など照明の光の当たり具合によって、フィルム表面に虹色の模様が見える場合があります。これは、ハードコートのような薄膜を塗布することによって、対応する波長の光が強め合うために起こる現象でフィルムの異常によるものではありませんので、ご了承ください。
  • 施工終了後、フィルムとガラスの間に残った僅かな水が集まって水泡になったり、白く曇ったりする現象が見られる場合があります。これは水分の蒸発と共に見えなくなりますが、ガラスまわりの環境によって期間が長くなる場合があります(太陽があたらない、気温が低い、湿度が高い等)。
  • フィルムのお手入れは、湿らした柔らかい布やスポンジを用いて水洗いして下さい。特に汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めてご使用ください。有機溶剤やアルカリ性のガラスクリーナーなどはフィルムの劣化の原因となりますのでご使用にならないで下さい。
  • 全ての数値は測定値であり、保証値ではありません。製品の仕様は予告なく変更することがございます。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TDOC(ティードック)保護材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る