本文へリンク

ニュースリリース 2015

2015/05/12

自動車のエレクトロニクス化と軽量化による需要拡大に対応

台湾に自動車ワイヤーハーネス結束用PVCテープ生産工場を増設

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)は、自動車のワイヤーハーネスを結束するPVCテープの生産能力を高める為、台湾にある子会社 「台湾日東電工」に新工場を建設し生産能力を1.2倍に増強いたします。

【背景】
自動車のエレクトロニクス化により、電子部品の搭載量が増え、接続ケーブルの搭載量が増加しています。また、社会的に環境規制が強まる中、自動車部品の軽量化が求められています。当社のワイヤーハーネス結束用PVCテープは、世界最薄の0.07mmタイプ、また各種の耐熱タイプを有し世界20カ国で自社の販売網を巡らせています。現在、日本、上海、台湾の3拠点で生産を行っていますが、今回、主力工場である台湾での生産能力を増強することでグローバルでの需要増に対応していきます。

【投資の概要】
・投資内容:新工場建設
・建設場所:台湾日東電工 立地加工区内
・生産品目:ワイヤーハーネス結束用PVCテープ
・竣工時期: 2015年10月

新工場イメージ図

新工場イメージ図

Nittoは、Innovation for Customersをブランドスローガンに、Green(環境)・Clean(新エネルギー)・Fine(ライフサイエンス)での価値提供を目指しています。自動車事業は新たな価値提供に向けて、最も注力している分野の一つで、Nittoの事業全体のシナジーを図りながら新たな価値を創造していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2101
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る