本文へリンク

ニュースリリース 2014

2014/03/06

断熱性能No.1のフィルムで環境関連事業の展開を加速

窓用省エネ(遮熱&断熱)フィルム「PENJEREX®」の新製品販売

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:柳楽幸雄、以下Nitto)は、2014年3月より、遮熱と断熱を兼ね備えた窓用省エネフィルム「PENJEREX®」で、さらに性能をグレードアップした新製品「PX-7060S」「PX-8080S」の販売を開始します。従来品「PX-7000A」よりも、断熱性や透明性、耐擦傷性などを向上させました。
「PENJEREX®」は2013年に販売開始以来、高透明、高遮熱に加え高断熱性が認められ、官公庁や学校、病院、オフィスビルなどの多くの物件に採用されました。今回ラインナップを充実させることで同分野における事業展開をより加速し、環境保全に貢献して参ります。

PENJEREX®の特長

新製品「PX-7060S」の特長

「PX-7000A」は遮熱機能だけでなく高い断熱性を有する、通年型の窓用省エネフィルムとして市場から高い評価をいただいております。今回開発した新製品「PX-7060S」は高透明、高遮熱性などの特性を維持しながら、同じフィルム厚で業界最高の断熱性能(熱貫流率*:3.6W/㎡・K)を実現しました。さらに、虹彩模様の抑制および耐擦傷性も大幅に向上しています。

 1.  遮熱性
日射熱を約50%カットし、夏場の冷房負荷を低減します。紫外線も99%カットします。
 
 2.  断熱性
業界No.1の断熱性を更にグレードアップしました(熱貫流率:3.8⇒3.6W/㎡・K)。遠赤外線を室内に閉じ込めることで、冬場の寒さ、暖房負荷を低減します(熱流出:約40%削減)。
 
 3.  反射性
従来品は、日中に外から見たときの窓ガラスの反射が強くなったり夜間に外が見えにくくなることがありますが、「PX-7060S」は可視光反射率が低く、反射を抑えています。
 
 4.  虹彩模様
従来品は、特に夜間においてフィルム表面に虹模様が見えることがあります。「PX-7060S」はこれを大幅に低減しています。
 
 5.  耐擦傷性
フィルム施工や拭き掃除をしても、従来品より大幅にキズがつきにくくなりました。

※熱貫流率*):ガラスにフィルムを貼付した場合の断熱性能を見る指標。数値が小さいほど熱を 伝えにくく、断熱性能に優れ、暖房時の熱が逃げにくくなります。

新製品「PX-8080S」の特長

従来品の断熱性能を維持しながら、さらに透明性を高めた製品です。さらに反射率低減機能を付与し、フィルムを貼ることでガラス単体よりも反射を少なくしています。また「PX-7060S」同様、虹彩模様の低減および耐傷擦性も大幅に向上しています。

 1.  透明性・反射性
高い透明性を有しておりフィルムの存在をほとんど感じさせません。さらにフィルムを貼ることでガラス単体よりも反射を少なくすることができます。日中に外から建物内を見せたい、夜間に外の景色を見せたい店舗・建物に最適です。
 
 2.  断熱性
従来品と同等の断熱性を有します(熱貫流率3.8W/㎡・K)。遠赤外線を室内に閉じ込めることで、冬場の寒さ、暖房負荷を低減します。
 
 3.  虹彩模様・耐擦傷性
「PX-7060S」と同様に虹彩模様の抑制および耐擦傷性を大幅に向上させました。

販売計画

1) 販売時期 : 2014年3月
2) 用途   : 建築用窓ガラス、保冷用ショーケース、輸送車両など
3) 販売目標 : 2014年度 5億円/年、2015年度 10億円/年(施工価格含む)

Nittoグループは、グリーン(環境)、クリーン(新エネルギー)、ファイン(ライフサイエンス)を新たな成長分野と位置付け、新規事業の創出に向けて製品開発を進めております。今後も事業活動を通じて環境保全や省エネに貢献して参ります。

尚、本製品は3月4日(火)~7日(金)東京ビックサイトで開催される「建築・建材展2014」に出展しています。

【展示会サイト】https://messe.nikkei.co.jp/ac/

【PENJEREX® 特設サイト】 http://www.nitto.com/jp/ja/products/penjerex/

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 東京支店 社会インフラ材料営業部
寺田 憲司
TEL: 03-5740-2051 
FAX:03-5740-2252  
E-mail to: penjerex@gg.nitto.co.jp

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2111
FAX:06-7632-2568
E-mail to:communication_group@nitto.co.jp
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る