本文へリンク

ニュースリリース 2013

2013/09/09

世界初の経皮吸収型・β1遮断剤「ビソノ®テープ4mg」「ビソノ®テープ8mg」 新発売のお知らせ

アステラス製薬株式会社
トーアエイヨー株式会社
日東電工株式会社 

トーアエイヨー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金野 秀美、以下「トーアエイヨー」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、2013年9月10日、世界初となる経皮吸収型・β1遮断剤「ビソノ®テープ4mg」「ビソノ®テープ8mg」(以下併せて「ビソノ®テープ」、一般名:ビソプロロール)を新発売しますのでお知らせします。

ビソノ®テープは、トーアエイヨーと日東電工株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:柳楽 幸雄)が共同開発した薬剤で、β1遮断作用を有するビソプロロールを4mg又は8mg含有し、世界初の経皮吸収型・β1遮断剤であるとともに、日本において初めての経皮吸収型高血圧治療剤となります。 

ビソノ®テープの特性は以下の通りです。 
 1.  高血圧※治療薬にテープ剤という、新たな選択肢を提供します。
世界初のβ1遮断薬の経皮吸収型製剤です。
※ビソノ®テープの効能・効果:本態性高血圧症(軽症~中等症)
 
 2.  24時間にわたり降圧効果を示します。
血中濃度の立ち上がりはゆるやかに、1日1回の貼付で24時間にわたる降圧効果を示します。
 
 3.  用量依存的に血圧をコントロール。52週後も維持します。
ビソノ®テープは4mgと8mgの規格を揃え、用量依存的な降圧効果は長期にわたり良好な血圧コントロールを示します。
 
 4.  一目でわかるテープ剤が治療の継続をサポートします。
誤嚥が懸念される患者さん、服薬コンプライアンスの維持が難しい患者さんの治療の継続をテープ剤がサポート。アドヒアランスの向上が期待できます。
 
 5.  国内の臨床試験において認められた主な副作用は、適用部位そう痒感、適用部位皮膚炎、適用部位紅斑などでした。また、主な臨床検査値異常変動は、血中トリグリセリド増加、ALT(GPT)の上昇、血中尿酸増加、好酸球百分率増加などが認められました。
なお、ビソノ®テープの製造販売についてはトーアエイヨーが、流通・販売についてはアステラス製薬が担当し、プロモーション活動についてはトーアエイヨー及びアステラス製薬の両社が行います。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2101  
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る