本文へリンク

ニュースリリース 2013

2013/03/01

原材料受入時の放射線量測定の終了について

日東電工グループでは、福島第一原発事故由来の放射性物質の拡散を予防し、お客様に安心して弊社の製品をお使いいただけるよう、政府の基本方針をベースに放射能汚染に関する独自の管理基準を定め、2011年4月より原材料受入時に放射線量の測定を行ってまいりました。

現状、原子力規制委員会等で実施されている放射線モニタリングにおいて、継続して異常値が認められないこと、ならびに弊社において実施してきました測定 約6,000件において測定開始時点から現在まで異常値が無かったことより、弊社製品を引き続き安心してご使用いただけるものと判断し、原材料受入時の放射線量測定を終了することといたします。

測定終了日:2013年3月末日
 
*なお、福島第一原発や原子力規制委員会の放射線モニタリング等に異常があった場合は、測定を再開いたします。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2101
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る