本文へリンク

ニュースリリース 2013

2013/02/15

IDEC社とアライアンス

LED用「熱硬化性耐熱封止シート」を新規開発

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:柳楽幸雄、以下日東電工)とIDEC株式会社(本社:大阪市、社長:舩木俊之、以下IDEC)は、環境負荷軽減に効果的なLED照明が加速度的に普及する中、このたび日東電工が新たに開発した蛍光体を含有させた熱硬化性耐熱封止シートとIDECが長年蓄積した生産技術を融合することで、画期的なLEDデバイスを開発することに成功しました。
これは従来の液状タイプではなく蛍光体を含有させた熱硬化性耐熱封止シートを使用し、さらに新しい生産工法を導入することで、LEDの高品質・高信頼性・高生産性を実現したものです。
今回の開発は、次世代LED照明器具の開発・普及に大いに貢献するものと考えております。

製品の特長

1)信頼性の向上
一般的にLED用シリコーン系封止材は液状しか扱えなかったが、当社固有の技術を駆使することで、熱硬化性の耐熱封止樹脂をシリコーン樹脂ベースにシート化することができました。封止前はゲル状の半硬化状態で貼り合せを行うことでワイヤーにダメージを与えず、且つ体積収縮率も小さいため信頼性が向上します。

2)生産性の向上
シート化することにより大面積を一括封止することが可能となり、また、液状封止の場合に必要なダム形成をなくし、LEDの封止工程を大幅に簡素化することができます。従来の液状によるポッティング方式に比べ、所要時間を約1/9(IDEC社従来工法比較)に短縮することができます。
  
3)色均一性の改善
従来の液状タイプでは樹脂が硬化するまでに蛍光体が下に沈み、色度バラツキの原因となっています。当社のシートタイプでの封止は混合・撹拌工程が不要となるため、色度バラツキが1/2程度(IDEC社従来工法比較)に減少します。

4)初期投資の低減
製造工程が簡素化できることにより、初期の設備投資が従来方式の1/10程度(当社試算)に抑えることができます。

新しい封止シート

製品の写真

製品の写真

販売計画

1) 販売時期 : 2013年1月
2) 用途   : LEDデバイスの封止用
3) 販売目標 : 2015年度 60億円/年

日東電工ではLEDをはじめとするオプトデバイス分野において、透明封止材料など様々な製品を提供しております。今後も環境負荷低減に貢献する成長著しいLED市場に対し、今回新規開発した「熱硬化性耐熱封止シート」をベースにさらなるグローバル展開を図ってまいります。

本件のお問い合わせ

【日東電工株式会社】

ブランド戦略部 
Tel : 06-7632-2111  
Fax : 06-7632-2568  
E-mail to: communication_group@nitto.co.jp
ICT事業部門 企画統括部 LED事業推進部
二宮 明人 高須賀 建二
Tel : 03-5740-2136 
Fax : 03-5740-2260  
【IDEC株式会社】 
経営管理部 広報グループ
村上 友衛 
Tel : 06-6398-2505
Fax : 06-6398-2540
LED事業部 企画開発部
Tel : 03-5782-7312
Fax : 03-5782-7785
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る