本文へリンク

ニュースリリース 2012

2012/03/16

大阪国際女子マラソン関連イベント 東日本大震災復興支援特別企画の実施に関するご報告

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:柳楽幸雄)は、大阪国際女子マラソンの協賛をきっかけに、従業員一人ひとりがチャレンジできるよう、種々の企画を実施してまいりました。今年は、大阪国際女子マラソン協賛関連イベントの特別企画として、東日本大震災の被災地の復興に役立てていただくため、物資や義捐金の寄付を行いました。

チャレンジ100万歩

昨年10月22日からスタートし、今年1月29日の大阪国際女子マラソン当日までの100日間で、100万歩歩くことを目標にしたイベントです。協賛1年目から実施している恒例のイベントですが、今回は参加者が歩いた総距離数に応じて支援物資を被災地に寄付する取り組みを行いました。おかげさまで多くの方にご参加いただき、集計結果は、総歩数が約3億7000万歩、総距離に換算して約29万kmになりました。この距離数に合わせて、30万円相当の支援物資を仙台津波復興支援センターへお送りしました。

支援物資:石油ファンヒーター20台、トイレットペーパー12ロール入り520個  

また、当企画では事前に社内で万歩計を販売しており、売上金の半分を義捐金として日本赤十字社を通じて寄付しました。
義捐金:152,200円

支援物資寄贈

支援物資寄贈

東日本大震災 復興支援グッズ販売

被災地の方々が作成されたグッズ(笛やハンドタオルなど)を従業員対象に販売し、アジア協会アジア友の会を通して南三陸町歌津の皆様や仙台津波復興支援センターへ売上金を全額寄付しました。

売上金額:234,900円

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2101
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る