本文へリンク

ニュースリリース 2011

2011/12/16

「トムソン・ロイター2011 Top100 グローバル・イノベーター・アワード」

日東電工が世界のトップ100社に選出

日東電工株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:柳楽幸雄、以下日東電工)は、このたび、トムソン・ロイター社(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)が、独自の知的財産データや複数の外部機関からの協力を得て開発したイノベーションの評価・測定基準「トムソン・ロイター2011 Top100 グローバル・イノベーター・アワード」で世界のトップ100社に選ばれました。

「トムソン・ロイター2011 Top100 グローバル・イノベーター・アワード」は、トムソン・ロイター社が知財動向から特に突出している企業を「Top100 グローバル・イノベーター」として特定し、各国の特許庁や同業他社から革新的であることが認められ、知的財産権保護の遵守に努め、且つグローバル市場に影響を与える可能性のある発明を持つ企業100社を選出したものです。「成功率」、「グローバル性」、「影響力」、「数量」の4つの基準から構成されており、「特許登録率」「特許ポートフォリオの成果的広がり」「文献引用における特許の影響力」「特許数」のデータがベースとなっています。
今回の受賞を受け、当社の取締役 上席執行役員兼CTOの表 利彦は「今回の表彰は、大変嬉しく光栄です。技術だけで差別化できる時間はどんどん短くなっており、日東電工は今後も新技術で新製品開発を行うとともに、特許戦略も踏まえてビジネスモデルを変えながら、お客様に満足いただける価値を提供していきます」とコメント。知的財産統轄部長の井上昌三は、「知的財産に関するデータから客観的な指標で評価されたことは非常に光栄なことと思います。今後もグローバルに展開する日東電工グループの事業に貢献できる知財戦略を実行してまいります」とコメントしています。

<受賞写真>(左)トムソン・ロイター・プロフェッショナル社の富井代表取締役(右)当社知的財産統括部長の井上

<受賞写真> (左)トムソン・ロイター・プロフェッショナル社の富井代表取締役 (右)当社知的財産統括部長の井上

尚、世界トップ100社に選出された企業は世界中に及んでいますが、地域別には北アメリカが40%、アジアが31%、ヨーロッパが29%を占めており、アジアでは日本が突出して多く、全体の27%を占めています。当社では今後も、グループ全体で知的財産価値を最大化するよう努めてまいります。

トムソン・ロイター社によるプレスリリース

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2101
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る