本文へリンク

ニュースリリース 2011

2011/07/14

日東電工グループの節電対策の取り組みについて

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:柳楽幸雄)では、7月よりグループ会社を含めた国内の全事業所で今夏の節電対策の取組みを強化し、事業活動における電力使用量の抑制を図るとともに、一人ひとりの社員が日常的に節電を心がけて行動する施策を展開してまいります。

具体的な取組み事例

現在の日本の電力事情を勘案し、お客さまに対する安定的な製品の供給を持続しながら、国内グループ全体で電力抑制に取り組んでまいります。

工場やオフィス内での工夫 社員の働き方の見直し 社員参加型
工場ごとに稼働時間の変更
自家発電の導入
空調設定温度28度の順守
窓ガラスへの遮熱塗料導入
照明のLED化促進
照明の間引き、消灯
執務スペースのレイアウト変更
労使協定の見直し(期間限定)
休日の振替え
お客様に合せた勤務体系
早朝フレックスの利用促進
ノー残業デーの設定
会議室の利用制限

ゴーヤカーテンの植栽
マイうちわ・マイ扇子の使用
エレベーターの使用自粛
省エネパトロールの実施
環境啓蒙情報の発信
クールビズ推進

各拠点の事情に合わせて、取組み内容は様々ですが、その一部をさせていただいております。

取組み事例1-3
取組み事例4-6
取組み事例7-8
日東電工グループは、「グリーン(環境関連)・クリーン(新エネルギー関連)・ファイン(ライフサイエンス)」の分野で新たな価値提供の創出を目指し、今後も環境先進企業として、国内外で様々な節電への取り組みを推進していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 ブランド戦略部
TEL:06-7632-2101
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る