本文へリンク

ボイド印字が多く発生します。対処方法を教えてください。

ボイド印字が多く発生する場合、以下の事項を順番に確認してください。

  1. プリンタの出口ペーパガイドの確認
  2. ベリファイヤユニットのレンズの清掃
  3. バーコードフォーマットの確認
  4. ベリファイヤユニットを停止する方法

プリンタの出口のペーパガイドの確認

出口ペーパガイドがプリンタに正しく装着されていないと、バーコードが正常に印字されてもボイド印字になります。
出口ペーパガイドの取付けは両サイドのon_site_sr_img_010_txt_01へ差し込んでください。

ベリファイヤユニットのレンズの清掃

プリンタの電源をOFFにして、ラベルを取り外します。出口ペーパガイドを手前に引っ張って取り外し、綿棒の先をアルコールに浸してベリファイヤレンズを拭きます。

バーコードフォーマットの確認

ラベルのフォーマットでバーコードを印字している部分の左右3mmは白い部分が必要です。
3mm以上の白い部分がないとボイド印字が多く発生します。

ベリファイヤユニットを停止する方法

  1. ベリファイヤユニットを一時的に停止させて印刷を続けたい場合、以下のようにすれば、ベリファイヤユニットを停止させて印刷が可能です。
  2. プリンタのフロント操作パネルを用いて機能設定モードに入り、機能番号3の設定値を4にします。
    簡単に変更方法を示します(詳細はプリンタの取扱説明書を参照してください)。
  • ※”DURA Rhythm(デュラリズム)”を使用している環境で、「印刷時、機能設定を送信する」に設定している場合は、ラベル印刷時に機能設定コマンドが送信され、その設定値が優先されます。
    操作パネルを用いて機能設定を変更する場合は、「印刷時、機能設定を送信しない」にしてください。
    (DURA Rhythm(デュラリズム)のメイン画面から「ツール」「機能設定」で印刷時、機能設定を送信する、しない」のチェックボックスが出ます)。
    また、”DURA Rhythm(デュラリズム)”以外のアプリケーションソフトをご使用で、機能設定コマンドを送信されている場合は、そちらが優先されます。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る