本文へリンク

測長("しきい値合わせ")の方法を教えてください。

測長("しきい値合わせ")とは、 使用するラベルおよび台紙のセンサの透過光量を測定し、プリンタに記憶させる動作のことです。
ラベルを初めて使う時、またはラベルを交換する時に、その都度、そのラベルに対しての測長("しきい値合わせ")が必要になります。

プリンタの測長("しきい値合わせ")方法

  1. プリンタの電源をOFFにして、ラベルとインクリボンをセットしてください。
  2. [Enter|Pause]スイッチを押しながら、プリンタの電源を投入してください。
    ※ 詳細は、プリンタの取扱説明書を参照してください。
    特に、プリプリントラベル(あらかじめ印刷してあるラベル)をご使用の場合は、プリンタの測長("しきい値合わせ")の方法が上記と異なりますので、必ず取扱説明書を参照してください。
  3. ラベルが3枚ほど出てきて、ブザーが1秒間隔でなり[Ready]ランプが点滅したら、測長("しきい値合わせ")の完了です。電源はOFFにしてください。
    ※ ブザーが連続で鳴る場合には測長("しきい値合わせ")が出来ていませんので、ラベルのセットからやり直してください。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る