本文へリンク

ラベルを印字するためのシステム構成を教えてください。

この機種はコマンド対応型のプリンタです。
ラベルを印字するには、以下が必要です。

  1. Windowsパソコン
  2. 通信ケーブル
  3. ソフトウェア

コンピュータ

デュラプリンタにアスキー (ASCII) データを送信できるコンピュータが必要です。
自動機搭載の場合は、シーケンサのRS232Cユニットが使用される場合があります。

通信ケーブル

RS232Cケーブルが必要です。(RS232Cケーブルがプリンタに同梱されています) 。
シーケンサ等、DOS/Vパソコン以外に接続する場合は、それぞれ独自にケーブルをご用意してください。

ソフトウェア

デュラプリンタ(コマンド対応型)でバーコードや文字を印字するには、コンピュータから印字コマンド(RCL[R Command Language]コマンド)を送信します。

このコマンドはアスキ(ASCII)データ(テキストファイル)で記述されています。
コマンドの詳細は、コマンドリファレンスマニュアルを参照願います。

Windowsパソコンであれば、コマンドを理解しなくても、DURA Rhythm(デュラリズム)を利用すれば、容易にラベルが発行可能です。
また、DURA Rhythm(デュラリズム)を利用して、どのようなコマンドでラベルが発行されているかテキストファイルに保存することができます。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る