本文へリンク

ラベルエラーが発生します。対処方法を教えてください。

ラベルエラーが発生する場合、以下の事項を順番にご確認ください。

  1. プリンタの測長(“しきい値合わせ”)をしてください。
  2. ラベルサイズの確認をしてください。
  3. プリンタのセンサを確認してください。

プリンタの測長(“しきい値合わせ”)をしてください。

測長("しきい値合わせ")とは、使用するラベルおよび台紙のセンサの透過光量を測定し、プリンタに記憶させる動作のことです。
ラベルをはじめて使う時、またはラベルを交換する都度、そのラベルに対して行う必要があります。

プリンタの測長(“しきい値合わせ”)方法

(ここでは、透過センサ1を例に説明します。実際にはご使用のセンサに合わせてください。)
プリンタの本体パネルを、ラベルセットモード(編集)に合わせ、「透過1センサ調整」を表示します。
[SET]ボタンを押します。
ダイヤルで「自動」に合わせて[SET]ボタンを押します。

ラベルサイズの確認をしてください。

ラベルピッチ(P)が次の計算式の値の場合、ラベルエラーやスキップが発生する場合があります。
使用するラベルが該当する場合、使用するセンサを変更してください。

  • 透過センサ1: P=(36±1)/N (N=1~8)
  • 透過センサ2: P=(41±1)/N (N=1~8)
  • 反射センサ1: P=(35±1)/N (N=1~8)
  • 反射センサ2: P=(41±1)/N (N=1~8)

プリンタのセンサを確認してください。

センサの位置、センサカバーの状態を確認して、センサカバーが汚れている場合は、イソプロピルアルコール(IPA)などを染み込ませた布でセンサカバーを清掃してください。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る