本文へリンク

印字がかすれる。

印字がかすれる場合、以下の事項を順番にご確認ください。

  1. サーマルヘッドを清掃してください
  2. インクリボンの取り付け方を確認してください
  3. プラテンローラを確認してください
  4. インクリボン幅と台紙幅をチェックしてください

サーマルヘッドを清掃してください

プリンタの電源をOFFにして、インクリボンを取り外してください。
イソプロピルアルコール(IPA)などを染み込ませた布で、サーマルヘッドを軽く拭きます。
サーマルヘッドを清掃しても改善されない場合は、新品のサーマルヘッドと交換してみてください。
サーマルヘッドの寿命も考えられます。

インクリボンの取り付け方を確認してください

インクリボンにしわが発生していないかを確認します。
取り付け時に、折れていたり、斜めになっているとしわが発生し易くなります。

プラテンローラを確認してください

プラテンローラをイソプロピルアルコール(IPA)などを染み込ませた布で拭き、キズがついているようであれば、プラテンローラを新品と交換してください。
(プラテンローラにキズ・へこみがあると、その部分をラベルが通過する時、印字抜け(印字かすれ)が発生します。)

  • ※プラテンローラの取り外し方は、取扱説明書を参照してください。

インクリボン幅と台紙幅をチェックしてください

ラベル、ラベル台紙、インクリボンの各横サイズの推奨の組合せは上図の通りです。特に、ラベル台紙とインクリボン幅の(リボンの方が大きい)差は下記のような意味があり、各部のハード的な設計値はこれを前提にしております。
①ラベルとラベル台紙という表面擦過性の異なるものに密着するインクリボンの走行安定性を高めるために、プラテンローラの搬送トルクをインクリボンに伝える「シロ」が必要であること。
②ラベルエッジの台紙との段差、ラベル台紙のエッジのバリからサーマルヘッドを(摩耗から)保護すること。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る